インスタ(Instagram)で検索するとバレる?グーグル検索の場合やバレるアプリが存在する?

インスタで相手を検索するとバレる?

インスタ(Instagram)で気になるアカウントを検索して、そのアカウントの投稿などを見るときに、何度も見ていることが相手に伝わってしまうかもしれない…

と不安になったことがあるかもしれません。

インスタで相手を検索して投稿などを閲覧すると、そのことが相手に伝わってしまうことはありえるのか?当記事で解説します。

インスタで相手を検索してバレる主な原因

先に結論を言ってしまうと、インスタ上の以下の投稿を見ると、相手にそのことが伝わってしまいますが、それ以外の投稿や機能を使っても、相手に自分が検索したことが伝わることはありません。

  • 24時間で消えるストーリーズ投稿を見てしまった
  • インスタ上のライブ配信中の動画を見てしまった

ストーリーズとライブ機能には、閲覧したユーザーをリスト化して投稿者が見ることができる機能が存在しているため、相手に見たことが伝わってしまいます。

インスタで相手を検索してバレる理由一覧

ストーリーズを閲覧した場合

インスタの24時間限定公開の投稿機能「ストーリーズ」を用いて投稿された投稿には、そのストーリーズ投稿を閲覧したユーザーを確認できる機能が存在しています。

インスタで相手を検索していることがバレたくない場合は、ストーリーズ投稿は必ず見ないようにしましょう。

ライブ動画を視聴した場合

インスタでリアルタイム配信中のライブ動画を閲覧した場合、相手にあなたが今動画を見ていることが伝わってしまう可能性が高いです。

インスタのライブ機能には、現在閲覧中のユーザーが一覧として確認できる機能が存在しており、そこからバレてしまう可能性が高いです。

ダイレクトメッセージ(DM)を確認した場合

こちらは検索とはずれた話ですが、相手とのダイレクトメッセージを確認すると、相手から見て「既読」がつきますので、そこから、あなたがダイレクトメッセージを確認したことがバレてしまいます。

ダイレクトメッセージでは消える写真と動画を送る機能が実装されていますが、こちらも確認したら、「既読」がつくようになっていますので注意が必要です。

ダイレクトメッセージ(DM)の消える写真をスクショした場合

ダイレクトメッセージの消える写真や動画をスクショした場合、相手にスクショしたことが伝わる機能が実装されていますので、こちらも注意が必要です。

間違っていいねを押してしまった

間違っていいねを押してしまった場合、相手の通知設定によっては、あなたが相手にいいねしたことが相手に通知されます。

間違ってフォローをしてしまった

現在フォローしていないアカウントを検索して閲覧している場合、間違って手が滑ってフォローをしてしまった場合、相手の通知設定によっては、あなたが相手をフォローしていることが相手に通知されます。

通知されない設定の場合でも、フォロワー一覧からあなたが相手を見ていることが伝わってしまいます。

グーグル検索経由でインスタの投稿を見るとバレる?

グーグル検索で相手のアカウントを検索し、アクセスすることで、相手のアカウントの投稿を確認することが可能です。

ですが、投稿の詳細を見るためにはインスタグラムへのログインが必要になっているため、グーグル検索経由でアクセスしても、ログインした場合は、インスタで相手を検索してバレる理由一覧で挙げた行動をすることで、あなたが相手を検索・閲覧したことが相手にバレてしまいます。

インスタで検索した人がバレるアプリは存在する?

インスタ関連の非公式アプリにおいて、より詳細な分析を行うことができるアプリも存在していますが、インスタグラム側がインスタグラム公式アプリでわかること以外の、個人情報である検索履歴を非公式アプリに提供することは非常に考えづらいです。

以下の行動をすることを除けば、インスタの個人的な検索履歴などが相手に解析される可能性は非常に低いです。

インスタで相手を検索してバレる理由一覧

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事