【2020最新】インスタでスクショするとバレる仕組みはある?バレない方法はある?

インスタ(Instagram)でスクリーンショットを撮影するとどうなる?

インスタ(Instagram)上にアップされた写真や動画のスクリーンショットを撮って、カメラロールに保存したいという場合があると思います。

しかし、スクショを撮ったことが投稿者にバレてしまうと少し気まずいですよね。

今回は、インスタでスクショをするとバレるのか?バレない方法はあるか?について解説していきたいと思います。

インスタ(Instagram)でスクショするとバレる仕組みはある?

「消える写真」をスクショするとバレる

「消える写真」とは、ダイレクトメッセージ(DM)上で送る閲覧回数制限付きの写真のことです。

この「消える写真」をスクショすると、相手に通知がいってしまいます。

また、「消える写真」をスクショした場合、ダイレクトメッセージ(DM)上に丸マークが表示されますので、相手が通知を切っている場合でもバレてしまいます。

スクショした時間もバレる

グレーの写真ボタンを長押しして「詳細」をタップします。

詳細画面が表示されました。

相手が写真をスクショした時間がわかります。

「消える写真」を画面録画で閲覧するとバレる

「消える写真」をiPhoneの画面録画機能をスタートさせた状態で閲覧してみました。

すると、「消える写真」をスクショした時と同じように通知が届きました。

インスタ(Instagram)でスクショがバレない方法はある?

「消える写真」については、スクショをしてもバレない方法はありませんでした。

以下のものは、スクショをしても相手に通知がいくことはありません。

  • 通常の投稿写真
  • ストーリー
  • ハイライト
  • ライブ配信
  • DMで送信された通常の写真
  • DMで送信された通常の動画

インスタ(Instagram)で「消える写真」をスクショするとバレる!

インスタ(Instagram)で「消える写真」をスクショすると相手に通知がいき、スクショした時間の情報もバレることがわかりました。

また、相手に通知がいっていることはスクショした側にはわからない仕組みになっていますので、注意が必要です。

「消える写真」以外のものはスクショを撮っても相手にバレることはありません。

しかし、インスタ(Instagram)は通知機能のテストを行ったことがあり、ストーリーのスクショを撮ると投稿者にわかるようになっていた時期がありました。

今後他にもこういった機能が追加されるかもしれません。

スクショがバレたくない場合は、最新情報をよく確認して安全に利用しましょう。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事