YouTubeの閲覧(再生)履歴は相手(投稿者)にバレる?わかる?視聴者の情報はどこまで投稿者が見れる?

最終更新:2020年5月27日

Youtubeの閲覧した履歴は投稿者にバレる?

日々たくさんの動画がアップロードされているYouTube。

最近ではテレビを見るよりYouTubeを見る時間の方が長いという人も多いかもしれません。

面白い動画はついつい何度も見たくなってしまいますよね。

そんな時、閲覧履歴や再生回数が投稿者に知られていないかと気になってしまうことはありませんか?

また、気になる投稿者の動画を一気に見てしまった時や、知り合いが投稿した動画をこっそり見たい時という場合もあるかと思います。

投稿者には視聴者の情報がどこまで見えているのでしょうか?

この記事では心配な時の対処法を含め解説していきます。

閲覧・再生履歴は投稿者にバレる?

投稿者に知られずこっそり動画を見たい場合、相手に自分が動画を見たことは伝わってしまうのでしょうか?

これに関しては何も心配いりません。

投稿者から動画を見た相手を特定するのは不可能です。

YouTubeではアカウント情報から収集した一部のデータを投稿者に提供していますが、投稿者が知ることのできる情報は

  • 地域別再生数
  • 視聴者の年齢層
  • 視聴者の性別
  • 動画のリンク先

このような内容です。

これは投稿者が視聴者の傾向を知ることでよりたくさんの人に見てもらえる動画を作るためのデータで、視聴者一人一人の細かな情報は含まれていません。

チャンネル登録や高評価などの機能を使うとバレるので注意!

一つ注意が必要なのは、チャンネル登録や高評価などのボタンを押すと相手に知られてしまいます。

投稿者側の設定によってはすぐに相手に通知が届くこともあります。

また、投稿者からは自分のチャンネルを登録した相手が一覧になって表示され、どんな人が自分のチャンネルを登録したのか確認することもできてしまいます。

絶対に相手に知られたくない場合はチャンネル登録などの機能は使わない方がいいでしょう。

心配な時の対策は?チャンネル登録を利用したい時はどうする?

相手に知られたくないけどチャンネル登録などの機能を使いたい時にはどうしたらいいのでしょうか?

オススメなのは、サブアカウントを作るという方法です。

YouTubeを閲覧する時に使っているのはGoogleアカウントですが、これは無料で作れるアカウントです。

現在お使いのアカウントが本名の場合やアカウント名を相手に知られている場合は全く別の名前で新しくアカウントを作ってしまいましょう。

どうしても心配ならログアウトした状態で動画を視聴しよう

絶対に相手に知られたくないけれど、もしかしたら間違ってチャンネル登録をタップしてしまうかも…。

そんな人には、Googleアカウントをログアウトした状態で閲覧することをオススメします。

YouTubeから送られるデータはGoogleアカウントから取得した情報を元にしています。

Googleアカウントをログアウトしてしまえば投稿者側にこちらの情報が届くことはありません。

チャンネル登録やブックマーク等の機能も使えなくなりますが、一番確実な方法と言えるでしょう。

安心してYouTubeを利用してくださいね。

画像引用元&出典:YouTube

New Article

YouTubeの使い方の新着記事