【2020最新】インスタ(Instagram)の自動再生をオフ・無効にする方法は?

インスタの自動再生機能で通信量が消費される

アプリ版インスタ(Instagram)は、投稿一覧画面上で、自動で動画が再生されるため、WiFiに接続していないときなどに、通信量を無駄に消費してしまう可能性があります。

特に2020年にリリースされた新機能「リール」が開始されてからは、差し込まれる動画も増え、通信量の消費が増加している模様です。

インスタの自動再生機能を無効・オフにする方法はあるのか?2020年最新の情報で解説いたします。

ブラウザ版インスタグラムなら自動再生がオフになる

今お使いのブラウザ(SafariやChromeなど)上でインスタグラムが利用できる公式サイトブラウザ版インスタグラムでインスタグラムを利用する場合、自動再生が最初からオフになっており、無駄な通信量を使わずに済みます。

ブラウザ版インスタグラムへのアクセス方法

ブラウザ版インスタグラムへ直接アクセスするか、アプリ版インスタグラムが自動で開かれてしまう場合は、以下の手順で検索からアクセスします。

1-1「Instagram」と検索して、検索結果に表示された結果を長押し

1-2出てきたメニューの「開く」をタップ

②青い「ログイン」ボタンをタップします。

③Facebookでログインするか、電話番号またはメールアドレス、ユーザーネームとパスワードを入力します。

④ブラウザ上でインスタグラムを操作することが可能になります。基本的なメニューの位置や使い方はアプリ版と似ています。

⑤投稿一覧画面で動画が再生されないようになっています。動画を再生したい場合は、投稿のサムネイルをタップします。

アプリ版で動画の自動再生をオフにする方法は用意されていない

残念ながらアプリ版インスタグラムでは、動画の自動再生をオフにする方法は用意されていません。

ですがモバイルデータ通信量を抑える機能は用意されており、以下の手順で設定が可能です。

  1. インスタグラムアプリを開いて、下部バーの右端の「自分のアイコン写真」をタップ
  2. 右上に表示された「3つの線のアイコン」をタップ
  3. 表示されたメニューの「設定」をタップ
  4. 表示されたメニューの「アカウント」をタップ
  5. 表示されたメニューの「モバイルデータの使用」をタップ
  6. 「データ使用量を軽減」トグルをON(グレーから青色に変化)にする。

この手順で設定することで、モバイルデータ通信量を削減することが可能ですが、投稿一覧画面での動画の自動再生はオフにはなりません。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事