twitter(ツイッター)で下書きが消えた!復元はできる?

twitter(ツイッター)で下書きが消える現象

twitterの下書き機能は、今後ツイートしたいけれど、今はとっておきたいツイートや、考えたアイデアなどを書き溜めることができる便利な機能です。

ですが、アプリの自動アップデートやtwitter側の不具合によって、書き溜めた下書きが消えてしまう現象が度々発生しています。

また、アプリを間違えてアンインストールしてしまった、単純な操作ミスによって下書きが消えてしまう場合や、twitterで誤ってログアウトした場合にも下書きが消えてしまうことがあります。

消えてしまった下書きは復元することが可能なのか?当記事で解説します。

twitterで消えた下書きを復元することは難しい

twitterでは残念ながら、一度消えてしまった下書きを復元・復活させることは難しいです。

下書き機能はスマホ端末側にデータを蓄積しているため、サーバー側からデータを復元する…といった方法は取ることができません。

一度削除されてしまった下書きは復活させることは現実的ではありません。

twitter以外のシンプルなアプリで下書きを保管するのもおすすめ

twitterの下書き機能は、以下のような操作をすると消えてしまう特徴があります。

  • スマホ端末からtwitterアプリをアンインストールする
  • twitterからログアウトする
  • 下書きを手動で削除する

また、以下のような場合にも、下書きが消えたことが報告されています。

  • twitterアプリの自動アップデートで下書きが消えた
  • twitter側の不具合により下書きが消えた

そのため、twitter公式アプリは安心して下書きデータを保存できる環境とは言いづらい状況です。

iPhoneの標準機能として搭載されている「メモ」アプリや、Androidの標準メモ帳アプリなど、シンプルなアプリを活用して、twitterに投稿したい下書きをテキストデータとして保管しておく方法もおすすめです。

心配な場合はtwiterアプリの自動アップデートをオフにする対処法も

twitterアプリ上の下書きは、自分からデータを削除しないように気にかけても、自動で行われるtwitterアプリのアップデートによって、意図せずデータが消えてしまう現象が度々発生しています。

心配な場合は、twitterアプリのアップデートは手動で行い、またtwitter検索などで、不具合がリアルタイムで発生していないかチェックしてから、twitterアプリのアップデートを行うといった対策も有効です。

スマホを乗り換えたり修理した時にtwitterの下書きが消えた

twitterアプリの下書きは、スマホ端末内のデータとして保管されているため、スマホをiPhoneからAndroidなどに乗り換えたり、スマホを修理に出してデータがリセットされた場合には、下書きが消えている場合があります。

下書きデータは、twitterアカウントと結びついてクラウド上に保管されているデータではないため、一度消えてしまった場合は、復元させることが非常に難しいです。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事