twitter(ツイッター)の下書きはどこにある?見方&見る方法を解説!保存場所はどこ?

twitter(ツイッター)の下書きとは

ツイッターの下書きとは、ツイート内容を一時的に保存しておく機能です。

ツイートを書いている途中で、他にやることができてしまった場合やツイートするタイミングをずらしたい場合に便利ですね。

twitter(ツイッター)の下書きを書く方法

ホーム画面の右下にあるツイート作成マーク(羽ペン)をタップします。

ツイート作成画面が出てくるので、何か文章を書きます。

下書きができたら、左上のキャンセルをタップします。

削除か下書き保存を選択できるので、下書き保存をタップします。

これで下書きを保存することができました。

twitter(ツイッター)の下書きを見る方法

実際に下書きができたら、どこで見ることができるか解説します。

もう1度、ホーム画面の右下にあるツイート作成マーク(羽ペン)をタップします。

ツイート作成画面の右上に「下書き」が表示されるので、タップします。

*下書きが1件もない場合は、表示されません。

下書き一覧を確認することができます。

もっと簡単に見る方法があります。

ホーム画面の右下にあるツイート作成マーク(羽ペン)をロングタップ(長押し)します。

3つのボタンが出てくるので、右上のマークをタップすると上で紹介した下書き一覧の画面が表示されます。

twitter(ツイッター)の下書きを削除する方法

ツイッターの下書きを削除する方法を紹介します。

下書き一覧を開き、右上の編集をタップします。

削除したい下書きのチェックマークを選択し、右下の削除をタップすれば削除完了です。

twitter(ツイッター)の下書きの注意点

ツイッターの下書き機能は、スマートフォン向けの機能です。

iPhone、Android共に使用可能です。

しかし、パソコン(ブラウザ版)には下書き機能はありません。

スマートフォンで下書きした内容はパソコンからは見ることができないので注意です。

twitter(ツイッター)の下書きを使ってみましょう

ツイッターの下書き機能について解説しました。

ツイッターは手軽に発信できる反面、感情的なツイートをしてしまうこともあります。

ツイートする内容をいったん下書きに保存し、後から読んでみると少し冷静になることができます。

また酔っている時や夜中に書いた下書きが保存されていると、少し笑える内容のツイートを発見できるかもしれません。

下書き機能を使って、ツイッターを楽しみましょう。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事