Twitter(ツイッター)で検索するとバレる?【2020年最新】

Twitterで検索するとバレるのか?

Twitter(ツイッター)の検索機能は便利で、自分と興味・関心の近いユーザーや、旬な情報を調べるのに便利です。

Twitterを使っていて、気になる相手ユーザーをTwitter検索すると、相手にそれが伝わってしまう可能性はあるのか?気になりますよね。2020年最新の情報で、調査してみました。

アカウントなし(ログアウト状態)でTwitter検索した場合相手にバレるのかについては、以下の記事でまとめてあります。

Twitter(ツイッター)でアカウントなしで検索して閲覧するとばれる?【2020年最新】

Twitter(ツイッター)で検索するとバレるのか?気になっている男性のイメージ画像

Twitterで検索していることがバレることは、場合によってはある

相手のユーザーページに何度も訪問した場合

Twitterにログインした状態で、あなたがTwitter検索を通して相手のユーザーページ(プロフィールページ)に何度も訪問した場合、相手に「おすすめユーザー」としてあなたのアカウントが表示されてしまう場合があります。

Twitterのおすすめユーザー機能はAI(人工知能)を活用しており、複雑な仕組みとなっており、あなたが何度も相手のページを閲覧することで、あなたと相手は知り合いなのではないか?とAIが判断し、相手へあなたをおすすめユーザーとして表示させてしまう可能性があると言えます。

相手のツイートにいいね・リツイートをしてしまう

相手のツイートに対して、あなたがいいねやリツイートなどでついつい反応してしまった場合、相手側の設定によっては、通知が相手に届いてしまい、あなたが相手のツイートを見ていることが、相手にバレてしまいます。

相手のアカウントをフォローする

当たり前ですが、あなたが相手のアカウントを検索したあとに、ついついフォローしてしまった場合は、相手の設定によっては、あなたが相手をフォローしたことが、相手に通知で伝わってしまいます。

フォローしたあとすぐにフォローを外したとしても、やはり相手に通知が届いてしまって伝わる可能性が高いです。

ですので、あなたが相手のツイートを見ていることが、相手にバレてしまう可能性が非常に高いです。

Twitterで検索していることがバレないようにする方法はある?

Twitterであなたが相手を検索していることがバレないようにする方法でおすすめの方法は、「ブラウザのシークレットモードでTwitterにアクセスし、検索する」方法です。

ChromeやSafariなどのブラウザを、シークレットモードに変更し、Twitterの検索ページにアクセスし、ログインせずに、相手ユーザーを検索することで、あなたの情報がTwitterの運営に伝わることが一切なく、相手アカウントのツイートなどを閲覧することができます。

シークレットモードでもログインしてしまえば、相手アカウントにあなたが見ていることが伝わってしまう可能性があるので、ログインを誤って行わないように注意しましょう。

また、サブアカウントを作成し、そのアカウントで相手ユーザーのことを検索することで、あなたが見ていることが相手に伝わるのを回避する方法もありますが、サブアカウントの所有者があなたであることが相手にわかってしまえば、意味がありません。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事