Twitter(ツイッター)で鍵垢でも検索して見てるのバレる?相手にわかる?

Twitter(ツイッター)で鍵垢でも検索してバレることがあるのか

Twitterでは、鍵垢(非公開アカウント)に設定して、自分のツイートやプロフィールをフォロワーだけが見れるようにすることができます。

では、鍵垢で誰かのアカウントを検索して閲覧した場合に、それが相手にバレることがあるのでしょうか?

今回は、鍵垢だとしても検索して見ていることがバレることがあるのか、検証したことを解説していきます。

Twitter(ツイッター)で鍵垢でも検索して見てるのバレる?相手にわかる?

結論から言うと、鍵垢で検索し閲覧した場合、それが完全に相手にバレない!とは言い切れません。

なぜなら、Twitterはユーザーのアプリの使用状況を解析して「おすすめのユーザー」を表示するようになっているからです。

この「おすすめのユーザー」という表示は鍵垢にすることで表示されなくなりますが、鍵垢に変更して数時間~1日ほどはTwitterに反映されません。

そのタイムラグによって、「おすすめのユーザー」という表示が相手にされてしまうことがあります。

 

Twitterは以下の情報などを基に、おすすめのユーザーを表示する仕組みになっています。

  • いいね・リツイートした投稿
  • フォローしている人
  • 電話番号・メールアドレスなどの個人情報
  • クリックした投稿 など

これらの情報を解析して、ユーザーがどのようなことに興味があって、どんな表示をしたらもっとTwitterを利用してくれるかを考えています。

つまり、自分があるアカウントを検索して見続けていると、Twitterに解析されて、相手におすすめのアカウントとして表示されてしまう場合があるということです。

相手にバレないように検索・閲覧する方法

相手に自分のアカウントがバレることなく検索・閲覧する方法を紹介します。

Twitterをログアウトした状態で使用する

Twitterはログアウトした状態で使うことも可能です。

以下の画面で右上の「…」をタップし、ログアウトしたいアカウントをスワイプすれば簡単にログアウトできます。

ログアウトした状態で検索・閲覧すれば、誰がTwitterを利用しているのかという情報がTwitter側に届きません。

Google Chromeのシークレットモードを利用する

Google Chromeのシークレットモードは、個人情報を一切残さず検索・閲覧ができる機能です。

シークレットモードを通してTwitterを利用すれば、検索・閲覧情報がTwitter側に行くことはありません。

バレたくない相手をあらかじめブロックする

自分のアカウントがバレたくない相手がいる場合は、あらかじめブロックするのも1つの手です。

ブロックをすれば、おすすめのユーザーとして表示されることは一切なくなります。

自分を“おすすめのユーザー”として表示されないようにする方法

自分のアカウントが相手の「おすすめのユーザー」として表示されないようにする方法はあります。

それは「Twitterに情報をできるだけ提供しない」ということです。

具体的にやることを説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

①登録されたメールアドレスを変更する

Twitterに登録しているメールアドレスを相手が知っていた場合、相手側に“おすすめのユーザー”として表示されてしまう可能性があります。

メールアドレスを複数持っている場合は、周りの人が知らないメールアドレスに変更することで、相手が見つかりにくいアカウントにすることができます。

1.「設定とプライバシー」をタップします。

2.「アカウント」をタップします。

3.「メールアドレス」をタップします。

4.Twitterのパスワードを入力します。

5.新しいメールアドレスを入力します。また、通知の表示にはチェックを打たないでください。

これで、メールアドレスを通して相手にバレることはなくなります。

②アドレス帳の連絡先の同期をオフにする

アドレス帳の連絡先の同期もオフにしましょう。

1.プライバシーとセキュリティをタップします。

2.「見つけやすさと連絡先」をタップします。

3.すべての欄をオフ(緑→白色)に変え、「すべての連絡先を削除」をタップします。

これでおすすめのユーザーとしての表示が、相手に出にくくなります。

③正確な位置情報を無効にする

位置情報からおすすめのユーザーとして表示されることもあるので、位置情報を無効にしましょう。

先程の「プライバシーとセキュリティ」の画面で、位置情報を無効に変えます。

④カスタマイズとデータを無効にする

カスタマイズとデータは、自分におすすめの広告や情報などを表示できるようにする機能です。

これらを無効にすることで、自分が何かを検索したり、ツイートを見たり、フォローしたりといった操作をTwitter側に解析されずに済みます。

先程の画面で、「カスタマイズとデータ」をすべてを無効にすればOKです。

結論:鍵垢でも相手にバレる可能性はある

今回説明した通り、Twitterは自分のクリックしたツイートやフォローしたアカウント、ツイート内での検索などの使用状況を解析して、自分に興味のありそうな内容やユーザーを提示します。

Twitterはとても頭が良いので、これらで相手にばれてしまうことは大いにあるのです。

しかし万が一バレてしまったとしても、アカウントを鍵垢にしておけば、自分のツイート内容がその人に見られることはありません。

内輪だけでTwitterを楽しみたい場合は、鍵垢に設定しておくと安心して利用できると思います。うまく鍵垢を活用してみてください。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:twitter