Twitter(ツイッター)でDMを削除するとき相手側も消える方法はある?【2019年最新】

TwitterでDMを削除するとき相手の履歴からも消す方法はある?

Twitter(ツイッター)で、相手に不都合なDM(ダイレクトメッセージ)を衝動的に送ってしまったので、取り消したい。DM(ダイレクトメッセージ)を相手の履歴からも削除したい。

そんな場合もあると思います、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)は、自分の画面からは削除することが可能ですが、相手のDM画面からも削除する方法はあるのでしょうか?

Twitterを使ってDMを送る女性のイメージ

TwitterのDMを削除するとき、相手側も消える方法は現在ありません

結論から言うと、相手のDM画面からはDM(ダイレクトメッセージ)は消えません。

一度DM(ダイレクトメッセージ)を相手に送信してからは、それを取り消すことはできなくなります。

TwitterでDMを削除すると、相手の履歴からも削除される?の説明用スクリーンショット

以下のように、テストアカウントで検証したところ、DMを削除しても、相手にはDMが届いてしまっていました。

相手がすでに既読をつけていた場合でも、未読の場合でも、一度送信したDMは、自分側のDM画面で削除しても、相手のDM画面からは削除されません。

TwitterでDMを削除すると、相手の履歴からも削除される?の説明用スクリーンショット②

自分に不都合なDMを削除しても、相手にはばれない

逆に言うと、自分のDM一覧画面からDMを削除しても、それが相手に伝わることは現在ありません。

ですので、気に入らないDMや不都合なDMを削除しても、それが相手にバレることはありません。

気に入らないDMはどんどん削除して、心地よいTwitterライフを送りましょう。

DM作成をメモ帳アプリなどTwitter以外で行うのもおすすめ

DMは一度相手に送信すると、どんなことをしても取り消せなくなってしまいます。

ですので、おかしなDMを焦って、あるいは間違えて送ってしまわないように、長文のDMや重要なDMを送る際は、DMの下書きをスマホに入っている、メモ帳アプリやノートアプリなどで作成してから、送信するのがおすすめです。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事