twitter(ツイッター)の質問箱(Peing)はバレる?匿名で使えるの?

twitterの匿名質問箱(Peing)とは?

匿名で質問が気兼ねなくできる質問箱(Peing)は、twitterと連携して利用することが可能です。

twitterと連携して利用する場合は、質問を作成して、そのURLをツイートして回答してもらう事が可能です。

もちろん質問できるユーザーはフォロワーに限りません。

質問箱(Peing)のURLがわかる、すべてのユーザーが質問することができます。

本当に質問箱(Peing)の送り主は本当にバレない?

質問箱(Peing)が人気の理由のひとつに、「匿名で質問ができる」点があります。

送り主がわからないため、面と向かって聞きづらい内容であっても気軽に投稿することが可能です。

あまりまだコミュニケーションをとったことがない相手や、SNS上で知り合った人に対して聞いてみたい事がある場合、匿名であれば質問のハードルが下がりますよね。

ですが、匿名だと思っていたのに相手に質問者の情報が伝わっていた…などという場合は気まずい思いをしてしまいます。

以下記事で質問箱(Peing)は本当に匿名で送り主がバレないのか?

しかし、匿名だと思って質問したのに相手にバレていた、などということになったら気まずい思いをしてしまいます。

結論から言うと、質問箱(Peing)では送り主の情報は、質問メッセージ以外の情報が伝わることはありません。

以下記事において、質問箱(Peing) で送り主はバレないか?検証しながら解説していますのでご覧ください。

回答者が質問箱(Peing)をtwitterに連携している場合でもバレない?

回答者が質問箱(Peing)にtwitter連携を設定している場合でも、送り主の情報はバレないのでしょうか?

質問箱を設置したアカウント(回答者アカウント)で、質問箱(Peing)にログインして確認してみましょう。

届いた質問が表示されていますが、質問を投稿したユーザー名などは不明です。

質問右下の「回答する」をタップします。

届いた質問に対する回答を作成する画面が表示されました。

テキストボックスに質問の回答を入力し、「テキストで回答」をタップします。

「回答が完了しました」と表示されました。

回答は自動でツイートされています。

このように質問箱(Peing)では、twitter連携を設定していても、質問を投稿したアカウント情報などは一切わかりませんでした。

Twitter上で相手にバレる可能性はある?

質問箱(Peing)にTwitter連携している場合は、回答は自動的にツイートされますが、回答はツイートのテキスト、質問はサムネイルで表示されており、

質問したアカウント名などの情報は、一切わからないようになっています。

質問箱(Peing)は相手にバレずに質問が可能だが注意すべき点も

上記のように、質問箱(Peing)は回答者がtwitter連携を設定していても、質問者のアカウント名などの個人データが伝わることは一切ありません。

通常の使い方でアカウント名などが回答者にバレることはないので、安心して利用ができます。

注意すべき点

このように、質問箱(Peing)の機能的には送り主がバレない仕様になっていますが、2点注意が必要です。

質問を設置した人が親しい人であった場合、あなたとその人しか知り得ない情報を書いてしまえば、誰が質問を送ったかが推測できてしまいます。

また、文章の書き方のクセで質問した人が誰か分かってしまう…ということもあり得ます。

Search

検索で探す

New Article

質問箱(Peing)の新着記事