インスタ(Instagram)ストーリーのキャプションでメンションできない人がいる場合の原因と対処法は?

Instagramのメンション(MENTIONS)機能

多くの有名人や企業などを含むユーザーが利用し、今や様々な場面で必須アプリとなっているInstagram(インスタグラム)。

利用している方なら目にしたことも多いと思いますが、「メンション」という機能をご存知でしょうか。

画像のように、ストーリーズの投稿にキャプションという機能を使い自分以外のアカウントを紐づけて表示する機能のことです。

思い出に一人一人を紐づけられる素敵な機能ですね。

ストーリーズでメンションができない

そんなメンション機能を利用するときに、メンションできない人がいる場合の考えられる原因と対処法をご紹介します。

また、メンション機能の使い方も合わせてご紹介します。

「メンションできないアカウント」はない

基本的に、アカウントの種類や設定によってメンションを不可能にすることはできません。

メンションしたいアカウントが非公開アカウント(鍵アカ)であってもメンション機能は使うことができます。

そのため、メンションが正常に機能しないときは、操作ミスやアプリ側の問題である可能性が高いです。

「キャプション」からメンションするアカウントを入力する

それではメンション機能の使い方をご紹介します。

使い方はとても簡単で、途中まではストーリーの投稿方法と全く同じです。

①Instagram(インスタ)を起動する

②画面左上のアイコンをタップする

③写真・動画を撮影するか、カメラロールの画像を選択する

投稿する写真や動画を今撮影する場合は青い部分を、カメラロールから選ぶ場合は赤い部分をタップします。

④右上の「キャプション」アイコン(「Aa」のアイコン)をタップ

⑤メンションしたいアカウント名を「@(アカウント名)」の形で入力し、候補から選択する

アカウント名を入力すると、キーボードの上部に候補のアカウントが表示されます。

ここで、メンションする際の注意事項が2つあります。

  1. アカウント名の最初に「@」(アットマーク)がついている
  2. 入力した後、再度候補に表示されたアイコンをタップしている

この2つを必ず行ってください。

メンションされない人がいるときは、このどちらかを行っていない可能性が高いです。

⑥アカウント名の下に線が引かれていれば、「完了」をタップする

正常にメンションされていれば、画像のようにアカウント名の下に白線が表示されます。

表示されていない場合、⑤のステップで操作ミスをしていないか確認してみましょう。

メンション機能を楽しく使いこなそう

メンション機能を後から直すには、一度投稿したストーリーを削除してもう一度投稿し直さなければいけません。

少し面倒でも投稿する前に、全てのアカウントに白線が表示されているか確認するようにしましょう。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事