インスタのDMでミュートと削除の違いは?【Instagramダイレクトメッセージ】のサムネイル画像

インスタのDMでミュートと削除の違いは?【Instagramダイレクトメッセージ】

インスタ(Instagram)のDMのミュートと削除の違い

インスタのDMでは、スレッドを左にスワイプすると「ミュート」と「削除」という表記が現れます。

では、この「ミュート」と「削除」はどういった意味で、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの意味を解説します。

DMの「ミュート」とは?

ミュート=通知をオフにすること

通常誰かからDMが届くと、スマホのロック画面やホーム画面に通知が表示されます。しかしミュートをすることで、ミュートした相手からのDMの通知が画面に表示されなくなります。

ミュートは、毎回のDMの通知がうるさい!と感じたとき、通知が不必要に感じたときなどに設定されます。

「ミュート」をタップすると、スピーカーに斜めに線が引かれたミュートマークが表示されます。

このように相手をミュートしたとしても、通常通りの相手とのDMのやりとりをすることが可能です。

ミュートした場合、すぐDMが来たことに気づくことはありませんが、インスタを開いてDMを見たときに届いていたことに気づくことになります。頻繁にインスタを見る人にとっては、DMに気づかなくて困ることはないと考えられます。

全員からのDMをミュートにすることはできる?

上で説明した通り、DMのミュートはDMの相手ごと・スレッドごとに行います。

そのため、ミュートしていない他の人からのDMが届いた場合は、通常通り通知が表示されるようになっています。

現在のところ、インスタのユーザー全員から届くDMをすべてミュートに設定する方法はないため、スレッドを1つ1つミュートに設定していく必要があります。

DMの「削除」とは?

DMを削除するとどうなる?

DMを削除すると、自分のDMの一覧からそのスレッドが削除され、会話されたメッセージやシェアされた写真などすべてが見ることができなくなります。

相手側のDM画面にはどう表示される?

自分がDMをスレッドごと削除すると、自分のDMが消えるだけで、相手の画面上にはすべてのDMの履歴が残っている状態になります。

そのため、自分がDMを削除したということが相手にバレることはありません。

※しかし、相手から来たDMを読まずしてDMを削除した場合は、相手の画面上には既読マークが付かないメッセージがずっと残っている状態になります。その場合は、相手がDMを消したことに気づいてしまうときもあるので、気をつけてください。

関連ページ

お役立ちリンク