グーグル(Google)マップのオフラインマップを解除する方法はある?

グーグル(Google)マップのオフラインマップが便利!

旅行や仕事など、様々な事情で知らない土地に行く時に便利なグーグル(Google)マップ。

近くの飲食店などのお店を探す時に使っている人も多いのではないでしょうか?

グーグル(Google)マップは現代人にとって必要不可欠な存在になりつつありますが、グーグル(Google)マップはデータ通信が多くバッテリーや通信制限を気にする人にとっては悩みの種になりがちです。

そんな人にオススメなのが「オフラインマップ」の機能。

この機能はマップをダウンロードさえすれば、オフラインでも一定の機能が使えるというものです。

今回はそんなグーグル(Google)マップのオフラインマップ機能の解除方法をご紹介してきます。

グーグル(Google)マップのオフラインマップはダウンロードしてから

グーグル(Google)マップのオフラインマップ機能は、オフラインにしたらいつでもどこでもすぐ使えるというわけではありません。

オフライン状態である以上、通信がないわけですからオンラインと同じようにマップが表示されることはありません。

グーグル(Google)マップのオフライン機能を使うには、まず“マップをダウンロードする”必要があります。

グーグル(Google)マップを開き、左上の三本線をタップします。

一番下の「オフラインマップ」をタップしましょう。

「自分の地図を選択」をタップすると現在地や検索したマップが表示されます。

右下の「ダウンロード」をタップしてダウンロードしたら完了です。

グーグル(Google)マップにはオフラインモードとオンラインモードというようなスイッチが存在していないのでわかりづらいですが、オフラインにすればダウンロードしたマップが表示されるようになります。

グーグル(Google)マップのオフラインマップを解除する方法は?

グーグル(Google)マップには、オフラインとオンラインのスイッチがあるわけではありません。

タップするだけで切り替えができれば便利ですが、グーグル(Google)マップには現在実装されていません。

オフラインマップを解除してオンラインマップにする方法は簡単です。

いつも通りモバイルデータ通信回線(4GやLTE、5Gなど)やWi-Fiに接続することで、自動的にオフラインモードが解除されます。

オフライン状態になればオフラインマップが使えるようになるため、グーグル(Google)マップへの切り替えは通信状態で決まります。

オフラインとオフラインを使い分けよう!

オフラインマップは通信しなくても使えるため、海外旅行などで通信環境がない場合にも重宝する機能です。

最近は日本でも使えるようになってきているため、通信制限がかかっていてもwi-fiのある環境でマップをダウンロードしていればすぐに使うことができます。

オンラインとオフラインを使い分けて、もっとグーグル(Google)マップを使いこなしましょう!

画像引用元&出典:Google

Search

検索で探す

New Article

Googleマップの使い方の新着記事