グーグル(Google)マップのオフラインマップが開かない理由、ダウンロードできない理由は?

Googleマップのオフラインマップが便利!

はじめて行く場所へのスムーズな道のりを検索したり、海外旅行でも欠かせない存在、グーグル(Google)マップ。

旅行先や、引っ越したばかりで右も左もわからない状態で重宝した人も少なくないのではないでしょうか。

日常に欠かせない存在となりつつあるグーグル(Google)マップですが、場合によっては通信量が嵩んでしまって通信制限が来てしまったり、通信環境の悪い場所で使えなかったりと不便な点も。

そんな時に使いたいのがグーグル(Google)マップの“オフライン機能”です。

今回はオフライン機能を使っているユーザーの間によくある「ダウンロードできない・開かない」というトラブルの解決方法をご紹介していきます。

グーグル(Google)マップのオフラインマップが開かない・できない・ダウンロードできない時の原因と対処法

通信の必要がなく経路検索ができるのなら積極的に使っていきたいグーグル(Google)マップのオフライン機能。

しかし場合によってはオフラインマップが開かなかったり、できない場合があります。

オフラインマップを使いたい時に使えない!という時は下記を参考にしてみてくださいね。

グーグル(Google)マップを最新バージョンにアップデートしていない

今まで使えていたのに急に使えなくなった!という場合は、グーグル(Google)マップのアプリそのものに更新が入っている可能性があります。

この場合はApp StoreもしくはGoogle Playストアの「アップデート」からグーグル(Google)マップアプリに更新がないかを確認しましょう。

オフラインマップをダウンロードしていない

「マップをダウンロードしなくても使える」というのがグーグル(Google)マップのオフラインマップが開けない!と頭を抱えている人によくありがちな誤解です。

オフラインマップは予めオフラインマップをダウンロードしておく必要があります。

グーグル(Google)マップを開いたら、左上の三本線をタップしましょう。

このようにチャームが出てくるので、一番下の「オフラインマップ」をタップしましょう。

「自分の地図を選択」をタップし、自分が保存したいマップ表示させてダウンロードを押下してください。

ダウンロードできる範囲は決まっていますので、入りきらない場合は複数回に分けてダウンロードしてくださいね。

このダウンロードには通信が必要ですので、なるべくwi-fiのある環境でダウンロードしましょう!

端末にアップデートがある

グーグル(Google)マップのオフラインマップが使えない理由として、稀にお使いのスマートフォンのシステムやソフトウェアに更新がある可能性があります。

本体が最新の状態でないとアプリが正しく機能しないことがありますので、スマートフォン本体の設定画面からiOSの場合は「一般」⇒「ソフトウェア・アップデート」、androidの場合は「端末情報」⇒「システム・アップデート」の手順でアップデートがないか確認してみましょう。

端末の処理が遅くなっている・長時間再起動をしていない

バッテリーの持ちが良いスマートフォンが増え、なかなか充電が無くならないことから気づかないうちにしばらく再起動がされていないことがあります。

端末を再起動しないことで、スマートフォンの処理能力が落ちてアプリが誤作動を起こすことがあります。

グーグル(Google)マップのオフラインマップが使えなくなったら再起動を試してみると良いでしょう。

グーグル(Google)マップ側のサーバー障害

以上の対策方法を試してみても解決しない場合は、グーグル(Google)マップ側のサーバーに何らかの障害が発生している可能性があります。

グーグル(Google)マップの公式サイトやSNSの公式アカウントを検索して現時刻で障害が発生していないか調べてみましょう。

日本でもオフラインマップが使えるように

元々グーグル(Google)マップのオフラインマップ機能は一部の海外に限られた機能でした。

しかし2019年の秋頃から日本でもオフラインマップが実装されはじめ、ダウンロードできる場所が増えました。

スマートフォンを使う現代人にとって、通信制限はまさに死活問題。

だからこそ、通信量を大幅に使うアプリは積極的にオフラインで使うようにしていきたいものですね。

あなたもグーグル(Google)マップのオフラインマップ機能を駆使して通信量を節約しましょう!

画像引用元&出典:Google

Search

検索で探す

New Article

Googleマップの使い方の新着記事