twitter(ツイッター)でリプライを制限するオプションを導入予定。いつから?

twitterがリプライを制限できるオプションを実装予定

追記:twitterでのリプライ制限機能は、2020年8月のアプリアップデートにより、一般リリースされました。

リプライ制限の具体的な使い方など、最新記事は以下となります。

各種報道によると、アメリカ・ラスベガスで開催されていたCES2020で、Twitter社が「会話の健全性を向上させるための新しい機能」として、自分のツイートにリプライできる人をコントロール・制限できる機能を実装させる計画があることを発表しました。

twitterのリプライ制限は4種類が提供される

twitterのリプライ制限オプションは以下の4つが提供される予定となっています。

グローバル

従来どおりの仕様で誰でも自分のツイートにリプライができる。

グループ

ツイート主がフォロー中のアカウントでそのツイート内でメンションをしたアカウントのみがリプライできる。

パネル

ツイート内でメンションしたアカウントのみがリプライできる。

ステートメント

誰も自分のツイートにリプライすることができない。

特に「ステートメント」とした場合、ツイートにリプライできるユーザーはいないことになり、今までのオープンなtwitterとは大きく異る様相です。

twitterのリプライ制限機能が導入される理由は?

twitterは基本的に誰でも会話に参加できる点が、オープンなインターネットのSNSとしての特徴の一つでありました。

しかし、オープンであることからいやがらせ、炎上やネットいじめが自由な形で行われていることも現実です。

ネットいじめや不毛な攻撃を防止するため、リプライの制限機能が導入されます。

自分の投稿したツイートにリプライできる(会話に参加できる)人の制限機能の実装は、今までのオープンなtwitterからの一大転換となります。

これにより、間違ったツイートやデマを広めているようなユーザーに対して設定次第では反論できなくなる可能性があるため、いろいろな弊害もありそうです。

twitterのリプライ制限機能はいつ実装される?

リプライの制限機能は、2020年初頭にテストが行われる予定となっております。

その後2020年内に本実装される見込みです。

2020年1月現在、最新バージョンのTwitterアプリで確認したところ、リプライの制限機能はまだ提供されていないようでした。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事