twitter(ツイッター)でリプライ制限できない?設定方法&やり方は?

twitterでリプライを制限「返信できるアカウント」機能がリリース!

twitterで、2020年5月よりテストが行われていた、自分のツイートへのリプライを制限できる機能「返信できるアカウント」が2020年8月にリリースされました。

「返信できるアカウント」機能は、以前より行われていたテストで好評だっため、、iPhone、Android、ブラウザ版twitter上で本リリースされました。

Twitter、リプライ相手制限機能を正式リリース 好評につき

本記事では、「返信できるアカウント」機能の使い方や、リプライ制限ができない場合の対処法などを解説します。

twitterの「返信できるアカウント」機能で、リプライできる人を制限する方法

あなたのツイートにリプライできる人は未設定の場合、ツイート画面の下部に「すべてのアカウントが返信できます」と表示され、すべてのアカウントからのリプライを受け付けている状態です。

twitterの「返信できるアカウント」機能で、リプライできる人を制限するには、「すべてのアカウントが返信できます」という文字をタップします。

返信できるアカウント機能のスクリーンショット1

すると、「返信できるアカウント」機能のポップアップが表示され、

  • 全員
  • フォローしているアカウント
  • @ツイートしたアカウントのみ

の3つのうち、適切なものを選択することで、あなたのツイートにリプライできるアカウントを制限・制限解除することができます。

返信できるアカウント機能のスクリーンショット2

返信できるアカウント(リプライの制)限を常に固定で設定することはできる?

「返信できるアカウント」の設定は、現状ではツイートをするごとに個別の設定が必要となっており、再度ツイートするごとに、「全員」がリプライできる状態に戻るため注意が必要です。

  • フォローしているアカウント
  • @ツイートしたアカウントのみ

に設定したい場合は、ツイートする毎に設定が必要です。

twitterでリプライ制限ができない・使えない場合の対処法

twitterでリプライの制限機能「返信できるアカウント」の欄が表示されず、あなたのツイートにリプライできるユーザーを選択できない場合は、以下のような不具合・原因が考えられます。

  • twitterアプリが最新版にアップデートされていない
  • iPhoneのiOSや、Androidが最新版にアップデートされていない
  • twitter上で何らかの不具合が発生している

twitterアプリやスマホのOS(iOS、Android)を最新版にしないと、最新のtwitterの機能を利用できないことがあります。

必ずtwitterアプリとスマホのOSを最新版にしましょう。

上記の対応をしても「返信できるアカウント」機能が使えない場合は、twitterアプリやブラウザ版twitter上で何らかの不具合が起きており、それが原因で機能が使えない可能性があります。

その場合は、不具合対応や修正アップデートを待つ必要がありそうです。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事