TikTok(ティックトック)で動画が消される&消えた場合の原因と対処法は?

TikTok(ティクトック)で動画が消される理由のほとんどは規約違反!

TikTok(ティクトック)は公式サイトで動画の削除基準を大きく分けて8つに分けて掲げています。

この基準に違反してしまうと動画が削除されてしまうので覚えておきましょう。

1.安全を脅かす行為の禁止

安全を脅かす行為はさらに細かく6つの規約があります。

テロ組織やヘイトグループ、その他犯罪組織による使用

テロ組織については日本では馴染みがないですが、ヘイトグループについては注意したほうが良いかもしれません。

ヘイトグループとは特定の集団に対してネガティブな発言を繰り返す人たちです。

人種による差別などを煽る人たちと考えればわかりやすいですね。

残酷または暴力的コンテンツの配信

人に暴力を加えている動画はもちろん削除の対象なのですが、この暴力的コンテンツにはみた人が暴力的な行動を取ってしまいそうになるものも含まれています。

海外では実際に自殺を主題にしたゲームや見た人を自殺に走らせるようなコンテンツがネットで流行し、注意喚起がされるなどしていました。

危険な活動・自傷行為とみなされる行為

自信を傷つける動画を投稿することも禁止されています。

他の動画投稿サイトでは実際に回線が遮断されるなどしてサービス全体に障害を引き起こしたりもしました。

サービス止めてまで禁止をされている行為ですので絶対にやめましょう。

他者に恐怖を与え威圧するコンテンツ

特に恐喝などの他人を脅すような動画のことを指しています。

そもそも人を脅すこと自体が犯罪なので気をつけましょう。

武器、爆弾、薬物その他日本の法律に準拠して規制される商品の禁止

武器の販売に繋がる動画も禁止されています。

真剣での居合斬り大会などの動画は投稿されていますので定義は少し曖昧かもしれません。

その他違法行為、法令に触れるあらゆる行為に関わるコンテンツの提供

犯罪行為を動画にして投稿することも禁止されています。

その他犯罪を促進するような内容と判断されたものも削除対象なので気をつけてくださいね。

2.差別的・憎悪的発言の禁止

差別的・憎悪的発言とされているのは二つに分かれています。

人種・性別・宗教・国籍・身体障害・性的指向または年齢に関して、攻撃的・差別的または憎悪的発言の禁止

あらゆる差別的な発言が禁止されています。

また、発言だけでなく、差別を示すような記号や行動も削除の対象になります。

自分にとっては正しくても他人にとっては傷ついてしまう内容である場合もあるのでよく考えて動画の投稿をしましょう。

衝突を惹起する行為の禁止

衝突を惹起とは争いを招くような行為のことです。

立場の違う人同士を対立させ、敵意を産まれさせるような動画は削除されてしまいます。

3.成人のヌードや性行為

ポルノコンテンツは3つに分かれます。

性的侵害・性的虐待・性的搾取

性を侮辱する動画や盗撮・性的暴力の含まれた動画は禁止されており、発見次第削除されます。

ポルノ描写・性的誘惑・暗示

自分の意思で性的な動画を投稿することも削除の対象に含まれます。

表現の自由が存在してもやってはいけないことがあることを覚えておきましょう。

売春・買春

出会い系のような誘いをすることも禁止です。

水商売のようなこともTikTok(ティクトック)ではできませんので覚えておきましょう。

4.ハラスメント及びサイバーいじめの禁止

いじめなどの行為は3つに分類することができます。

ハラスメント行為の禁止

動画の中で他者へのセクハラ・パワハラにつながる行為は禁止になっており、削除対象です。

個人情報のバラマキの禁止

動画の中に他者の個人情報を見られる状態にしておいてはなりません。

個人情報には運転免許証などの映り込みも含まれますので注意しましょう。

誹謗中傷の禁止

わざと誰かを辱めたり、いじめたりする動画を公開することも禁止です。

軽はずみに公開したのが原因で実刑判決まで進んでしまうこともあるのでやめましょう。

5.未成年者の安全

いじめ・未成年者への性的な行為などあらゆる側面からの未成年者への危害を加える動画が禁止されています。

6.誠実性と信頼性

なりすましなどは禁止されています。

例えば所属していな企業、団体の一員を名乗ることもこの項目に該当します。

商品のレビュー動画なども企業に雇われて行ったりした場合はスパムコンテンツとして迷惑行為に当たるので気をつけましょう。

7.知的財産権を侵害するコンテンツの禁止

TikTok(ティクトック)はワーナーミュージック・JASRACとパートナーシップ契約を結んでいるのでこの二つの会社が扱っている曲は比較的承認されている傾向があります。

しかし、全ての曲が知的財産権を侵害してないとは言えず、曲の音源を動画に載せて公開することは権利の侵害とみなされ削除されてしまうことがあります。

TikTok(ティクトック)の投稿システムの特性上音源を使用する頻度は多いと思いますが注意して動画を作りましょう。

8.プラットフォーの安全性に対する脅威

ウイルスを含む動画やTikTok(ティクトック)そのものに危害を及ぼす動画も削除対象になります。

消えた動画に対する対処法

TikTok(ティクトック)では削除され、消えた動画を復元することが基本的にはできません。

もしあとで何度も見返したくなるような動画を見つけたときには動画の保存を行いましょう。

保存した動画はTikTok上から削除されても自分の端末には残っているのでいつでも楽しむことができます。

動画が削除される原因のほとんどは利用規約違反!しっかり確認して利用しよう

自分で動画を削除する場合を除けば、TikTok(ティクトック)に投稿動画が削除される原因のほとんどは禁止事項に触れてしまった動画になります。

最も違反することの多い項目は音源の使用による著作権の違反であることが多いとのことなので注意して動画を投稿してくださいね。

削除された動画は復元することは不可能ですので削除される前にお気にりの動画は自分の端末に保存するようにしましょう。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

TikTokの使い方の新着記事