Discordでブロックされているか確認できる?されたか確認する方法は?【ディスコード】

Discordでブロックされているか確認できる?

ゲーマーに人気の無料ボイスチャットアプリ、Discord。

画面共有や音声通話など便利な機能が付いていて、迷惑行為や関わりたくない相手をブロックする事も簡単にできます。

そこで疑問に思うのが、簡単にブロックできるという事は自分の事をブロックしている人がいるかもしれないですよね。

当記事ではDiscordでブロックされているか確認が出来るのか、またその方法について解説致します!

まずお伝えしたいのは、Discord上、ブロックされているか確認する事が出来ます!

ブロックされる前と後ではDiscord上異なる点が4つありますので、それらの点を元に確認方法をご紹介致します。

Discordでブロックされたか確認する方法を4つご紹介!

1.フレンドリストを確認する

ブロックをする、される場合にはお互いフレンドから自動的に外されますので、まずはフレンドリストを確認しましょう。

リストから消えているという事は、あなたをフレンド削除かブロックしたかのどちらかになります。

2.通話を試みる

共通のサーバーがある場合は、そのサーバーの参加者を確認するページから相手のプロフィールを表示し、通話アイコンをタップしましょう。

すると、フレンド申請してから通話しましょうと出ます。

これでフレンド削除かブロックをされた事が分かります。

3.DMを送信してみる

自分の事をブロックしたと思われるユーザに試しにDMを送信してみましょう。

すると下記の様なエラーメッセージが表示されます。

リンクをクリックするとDMが送信できない理由が表示されます。

理由はいくつかありますが、その中の1つに「受信者からブロックされている」とはっきり書いてありますね。

4.フレンドリクエストを申請してみる

上記の方法では、ブロックされたかフレンド削除等別の可能性もありましたが、フレンドリクエストを申請してみる事で徹底的にブロックしているのかが分かります。

なぜならフレンド削除をされただけであれば再度フレンドリクエストを申請する事が出来るからです。

フレンドページからユーザー名とDiscord Tagを打って追加しても良いですが、共通のサーバーがある場合には相手のプロフィールを表示して「フレンドに追加」から行いましょう。

すると下記の様なエラーメッセージが表示されます。

プロフィール上から「フレンドを追加」で試しているのに、ユーザー名の打ち間違いなんてありえませんのでブロックされている事になります。

ユーザー名とTagを打ち込んで追加された場合は、エラーメッセージ通り相手のユーザー名等を確認しても誤りがなければブロックされている事になります。

ブロックを解除して欲しい場合には、共通のサーバーでメッセージを送ってみたり、他のユーザーにお願いしてもらいましょう。