YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードを解除する方法は?

YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードを解除したい!

何人かで共有しているスマホやタブレットで、YouTube(ユーチューブ)の動画を観る時に、シークレットモードが便利ですよね。

シークレットモードとは、再生(視聴)履歴の情報を残さずに動画を観る機能です。

ただし、シークレットモードを解除するまでは、シークレットモード中の履歴が残っている状態になるので注意が必要です。

ほかの人にスマホやタブレットを引き渡すときに、うっかりシークレットモードを解除せずに渡すと、履歴がバレてしまいます。

この記事では、YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードを解除するやり方と、シークレットモードの使い方について解説します。

操作自体は簡単ですが、いくつか注意点もあるので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードを解除する方法は?

シークレットモードの解除は簡単です。

また、手動で解除しなくても、画面操作が90分以上おこなわれない場合、自動でシークレットモードが解除されます。

<解除のやり方>

①YouTube(ユーチューブ)のホーム画面で、シークレットモード中のアイコンをタップします。

[シークレットモードをオフにする]をタップします。

これで、右上のアイコンが、シークレットモードを使用する前のアイコンに戻ります。

YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードの使い方

YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードをオンにするやり方などの使い方について解説します。

シークレットモードをオンにするやり方は?

①YouTube(ユーチューブ)アプリにログインし、ホーム画面右上の[アイコンマーク]をタップします。

[シークレットモードをオンにする]をタップします。

⑤これで、シークレットモードのアイコンに変わります。

シークレットモードにするとどうなる?

シークレットモードにすると、その間の閲覧履歴と検索履歴が、YouTube(ユーチューブ)のアカウントに残らないことになります。

また、シークレットモードにすると非公開の状態になるので、次の操作ができなくなります。

  • 高評価と低評価をつけること
  • 動画にコメントすること
  • チャンネル登録
  • 再生リストの作成

シークレットモードを解除するとどうなる?

シークレットモードを解除すると、このモード中の使用に関する記録は消去され、最後に使用したアカウントに戻ります。

元のアカウントには影響はありません。

シークレットモードを解除しないとどうなる?

シークレットモードのまま、他の人がそのデバイスでYouTube(ユーチューブ)を使うと、履歴がバレることになります。

ただし、手動でシークレットモードを解除しなくても、90分画面操作がないと、自動でシークレットモードは解除されます。

YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードを使う時の注意点

YouTube(ユーチューブ)のシークレットモードを使う時には、3つの注意点に気を付けましょう。

アプリが最新バージョンか確認

最新版でないYouTube(ユーチューブ)アプリだと、シークレットモードが利用できないことがあります。

シークレットモードが表示されない場合は、アプリを最新バージョンにアップデートしてから再度試すといいです。

パソコン版のYouTubeでは使えない

この記事を書いている時点では、PCブラウザ版のYouTube(ユーチューブ)ではシークレットモードが使えません。

パソコンで、シークレットモードと同じように、閲覧履歴や検索履歴を残さずにYouTube(ユーチューブ)を利用したい場合は、一度ログアウトする必要があります。

プロバイダには履歴が残る

シークレットモードは、YouTube(ユーチューブ)アプリ内に履歴を残さない機能です。

インターネットプロバイダをたどれば、履歴は残っているので、完全に履歴が残らないわけではないと覚えておきましょう。

画像引用元&出典:YouTube

Search

検索で探す

New Article

YouTubeの使い方の新着記事