YouTube(ユーチューブ)で動画をお気に入りに登録するとバレる?相手に通知でわかる?のサムネイル画像

YouTube(ユーチューブ)で動画をお気に入りに登録するとバレる?相手に通知でわかる?

YouTube(ユーチューブ)で動画をお気に入りに登録するとバレる?相手に通知でわかる?

YouTube(ユーチューブ)でお気に入りの動画を見つけたら、リストに登録していつでも見返せるようにしておきたいですよね。

しかし、お気に入りに登録すると動画投稿者にバレるのではないかと気になる人も多いでしょう。

この記事では、YouTubeで動画をお気に入りに登録するとバレるのか?相手に通知が届いてわかるのか?解説します。

YouTube(ユーチューブ)で動画をお気に入りに登録しても相手に通知は届かない

結論ですが、YouTubeで動画をお気に入り登録しても投稿者に通知が届いてバレるということはありません

実際に「後で見る」や「再生リスト」に動画を登録してどうなるか検証していきます。

YouTubeの「後で見る」に登録するとどうなるか検証

「後で見る」リストに登録したい動画を再生し、「保存」をタップします。

「後で見る」にチェックマークをつけ、「完了」をタップします。

動画投稿者のアカウントでログインして通知欄を確認しましたが、特に通知は届いていませんでした。

「後で見る」リストに動画を登録しても、投稿者に通知が届いてバレることはありません。

YouTubeの「再生リスト」に登録するとどうなるか検証

次に、「後で見る」以外の再生リストに登録した場合どうなるのか検証していきます。

「再生リスト」に登録したい動画を再生し、「保存」をタップします。

「お気に入り」にチェックマークをつけ、「完了」をタップします。

動画投稿者のアカウントでログインして通知欄を確認しましたが、特に通知は届いていませんでした。

「後で見る」以外のリストに動画を登録しても、投稿者に通知が届いてバレることはありません。

公開リストに追加した場合バレる可能性はある

前述の通り、動画をお気に入りに登録しても相手に通知が届くことはありませんが、別の理由でバレる可能性はあります。

動画を「公開リスト」に追加し、相手がそのリストを見た場合はお気に入り登録していることがバレてしまいます。

動画投稿者のアカウントから、検証用アカウントの作成リストを見てみると、公開リストである「お気に入り」が見えています。

リストをタップすると、リストに追加済みの動画を見ることも可能です。

このように、公開リストに登録してしまうと相手にバレる可能性があるので、動画をお気に入り登録したことが相手にバレたくない場合は、「後で見る」か非公開のリストに追加することをおすすめします。

お役立ちリンク