twitter(ツイッター)の誤フォローとは?誤フォローされたのはなぜ?

Twitter(ツイッター)の誤フォローとは?

フォローするつもりでなかったのに端末の操作ミス(間違ってフォローボタンをタップしてしまった)でフォローしてしまうことを誤フォローと言います。

Twitter(ツイッター)の誤フォローはなぜ起こる?

相手側の誤操作によることがほとんど

Twitter(ツイッター)を利用している人の中には興味のあるジャンルのアカウントを何気なしに眺めている人もいます。

そういった人は相手をフォローすることなく、ツイートの内容だけ確認してページを離れることが多いです。

たまにページを離れる際に間違って、フォローボタンを押してしまうことが誤フォローの原因です。

通常の利用では誤フォローをされることはほとんどないでしょう。

悪意があってフォローと解除をしている場合もある

SNSの特性上誤フォローは誰にでも起きてしまう可能性があるものです。

Twitter(ツイッター)を利用している人のほとんどはそのことを理解しているため、誤フォローをしたもしくはされた場合も気にしないことがほとんどです。

なので誤フォローをした場合にも相手に謝罪をしないことも多いのですが、中には「わざと誤フォローのフリをしてメッセージを送る」行為をする人もいます。

こういった人は相手の注意を引きたいという考えで誤フォローのフリをしていたり、反応を見たいだけの単なる嫌がらせである場合が多いです。

中には本当に謝ってフォローをしてしまい、謝罪のメッセージをしている人もいるので一括りにできませんが、頻繁に誤フォローのメッセージが来る場合には警戒した方が良いかもしれません。

Twitter(ツイッター)で誤フォローされたくない場合はどうする?

「誤フォローをされたくない」「知らない誰かにツイートを自由に見られているのは落ち着かない」といった場合には自分のアカウントを鍵アカウント(非公開アカウント)にしましょう。

誤フォローをされる場合のほとんどが相手が自分のツイートを確認しているタイミングでおきます。

それだけいろいろな人にツイートを見られているということは喜ばしいことなのかもしれませんが、人によっては利用目的にそわない可能性もあります。

鍵アカウント(非公開アカウント)にすれば自分が許可をしない限りフォロー、ツイート内容の確認ができない設定になります。

自由にツイートが見れない分発信範囲は狭くなってしまいますが、その分誤フォローも減るでしょう。

Twitter(ツイッター)の誤フォローの原因のほとんどはツイート確認時の誤操作!

Twitterではフォローしてない人のツイートも気軽に確認することができます。

リツイートや興味のあるジャンルを検索した際に表示された自分のアカウントを確認している際に間違ってフォローのボタンを押してしまった結果誤フォローになってしまうのです。

基本的には誤フォローをされた場合でもあまり気にする必要はないのですが、頻繁に誤フォローのメッセージが来る場合には嫌がらせの可能性もありますので注意してください。

もし、誤フォローをして欲しくないという場合には自分のアカウントを鍵アカウント(非公開アカウント)にしておけばツイートを自由に見ることができなくなるので誤フォローを減らすことができるかもしれません。

もし、誤フォローが頻繁に起きて困っているのであれば検討してみてくださいね。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事