twitterで「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」の原因と見る方法はある?

Twitterの「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」の原因は?

2019年後半にTwitterの仕様が変更になり、「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」という表示を頻繁に目にするようになりました。

「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」と表示される突然の仕様変更に戸惑っているユーザーは多く、自分宛てに来たリプライでそんな表示がされていると、もやもやしてしまいますよね。

今回は「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」が表示される原因と見る方法を詳しく解説します!

“このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています”の原因は?

このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限していますの事例スクリーンショット

2019年後半になってから頻繁に目にするようになった「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」という表示。

突然表示されるようになった「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」の原因は、ツイートしている人が、自分がフォローしていない鍵アカである場合とツイートが削除されている場合、アカウントが削除されている場合が考えられます。

ミュートやブロックなどでも考えられなくないですが、ミュートの場合やブロックの場合はその旨が書かれた表示がされる仕様になっています。

以前見かけた「このツイートは表示できません」を改善したもの

実はこのエラーメッセージは、以前よく見かけた「このツイートはありません」「このツイートは表示できません」の表現を、より具体的に改善したものなのです。

自分がフォローしていない鍵アカウントなど、アカウントの所有者の権限でツイートを表示できる相手を制限していることが、以前より分かりやすくなっています。

“このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています”の中身を見る方法は?

鍵アカウントや削除されたツイート、削除されたアカウントが原因となっているため、中身を見ることは原則できません。

鍵アカの意味がなくなってしまうので、ツールなどを使用して見るという方法というものもなく、現時点では見る手段はありません。

しかし、自分のツイートに対するリプライに「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」という表示がついている場合は、「誰かがリプライくれてるけど鍵アカだから表示できない」という旨をツイートしてみましょう!

そうすることで、鍵を外して再度リプライをくれるかもしれません。

また、フォロワー以外からのDM(ダイレクトメール)を解放して「鍵を外したくない場合はDMでもOKです」という事をツイートすると、リプライしてきた相手から連絡が来る可能性がありますので、ぜひ試してみてくださいね。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事