スマホ版Twitterでハイライトの通知をオフにする方法は?

Twitterのハイライト通知はウザい?オフにできる?

【2021年6月更新!】

自分のツイートにいいねやRTなどの反応があると嬉しいですよね。Twitterからの通知がくると嬉しい気持ちになる人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、最近自分のツイートへの反響とは別の通知が来ることに困惑しているユーザーが増えています。

その正体はTwitterで追加された“ハイライト機能”。

ハイライト機能というのは、ユーザーが興味のありそうな注目度の高いツイートをTwitter側がセレクトして通知してくれるというもの。

ツイートに反響があったと思って開いたのにハイライト通知でがっかり…というケースやほかの重要な通知を見逃してしまうケースなど、ハイライト通知を邪魔に感じている人って意外と多いんです!

今回は時に厄介になりがちなハイライト通知をオフにする方法を詳しく解説します。

Twitterのハイライト通知少なくする方法を詳しく解説!

以前はプッシュ通知設定画面から、ハイライトの通知のオンオフを切り替える事が出来たのですが、今はハイライトの項目自体が存在しなくなりました。

ですので今はハイライトの通知をオフではなく、少なくする事が可能です。

まずは通知欄のページを表示します。

紫の星型のアイコンがついているのがハイライトの通知なので、その通知の右側の設定ボタンをクリック。

「表示回数を減らす」を選択して完了です!

他のいらない通知がある場合には、「設定とプライバシー」、「通知」、「プッシュ通知」のページからオフに変更しましょう。

ハイライト通知は精度が低いのが不人気の理由?

ハイライト機能はTwitterを見ていない間に盛り上がったツイートや注目されたツイートなどをセレクトして表示してくれる機能ですが、時に「どうしてこれがハイライトに?」と思うようなツイートが通知されることが問題視されていました。

ハイライトの精度が高く頻繁に通知されることがなければ問題視されることもなかった、というのがTwitterユーザーの本音なのではないでしょうか。

フォローしている人が少ないユーザーはフォロワーがいいねを押したツイートというだけでハイライト表示されることも多く、その精度は現在もなかなか向上されないようです。

Twitterは頻繁にアップデートされるので、今後のハイライト機能の動向に注目です。

あなたも不便に感じていたハイライト通知を少なくして、快適なTwitterを楽しんでくださいね。

お役立ちリンク