twitterで知らない人に何もしてないのにブロックされてるのはなぜ?心当たりない&絡んだことないのに

twitterで知らない人に何もしてないのにブロックされてる?

twitterのブロックは、特定のユーザーからフォローされたり、メッセージが送られてくることを拒否できる機能です。

気持ちよくSNSを利用する上でとても便利な機能ですが、自分がブロックされているとショックですよね。

特に、フォロー関係にない人からブロックされたり、ブロックされた理由がわからないと余計にモヤモヤしてしまうのではないでしょうか。

この記事では、twitterで心当たりない&絡んだことがない人からブロックされているのはなぜか?について解説していきます。

twitterで知らない人にブロックされてる?フォロー外からブロックできるのか

twitterでフォロー関係にない人は、どのようにブロックしているのでしょうか。

フォロー外からブロックする方法をご紹介します。

フォロー外からブロックする方法

ブロックしたいアカウントのアカウントページを表示し、右上の「…」をタップします。

画面下部からメニューが表示されました。

「@applikoryaku2さんをブロック」をタップします。

画面中央にメッセージが表示されました。

「ブロック」をタップします。

ブロックが完了しました。

画面右側に「ブロック中」と表示されるようになりました。

ブロックしたアカウント「applikoryaku2」のツイートを見ることは不可能です。

フォロー外のアカウントからブロックされるとどうなるか?

フォロー外のアカウントからブロックされるとどうなるのでしょうか。

先ほどブロックされたアカウントにログインして確認していきます。

twitterの検索窓に、アカウント名を入力して検索します。

アカウントページが表示されました。

ブロックされていることがメッセージで表示されています。

また、通常は存在するはずのフォローボタンがありません。

ブロックされている状態ではこのアカウントをフォローすることができないことがわかります。

twitterで心当たりない&絡んだことないのにブロックされている原因は?

なぜtwitterで知らない人からブロックされるのでしょうか。

可能性として考えられる理由をご紹介します。

リツイートされることが多い

あなたのツイートがリツイートされた結果、フォロー外のユーザーの目に入った可能性があります。

リツイートをする人にとっては関心の高いツイートでも、リツイート先で不要な情報であると判断されてしまい、ブロックされたのではないでしょうか。

検索でツイートを見られた

twitterには、特定のワードが含まれたツイートを検索できる機能があります。

お互いにフォロー関係になくても、検索でヒットしたツイートを見ることができます。

ユーザーが検索してあなたのツイートを読み、意見が合わないなどの理由でブロックされたのかもしれません。

心当たりのないブロックは気にすることはない

悪意のあるツイートをした結果ブロックされた場合は別ですが、心当たりのない場合は気にすることはありません。

ブロックする人も、あまり深く考えずにブロックしている可能性もあります。

知らない人からのブロックは気にせず、気の合うフォロワーとの交流を楽しんでください。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事