Twitter(ツイッター)で消したアカウントが残ってる!場合の対処法

Twitterで消したアカウントが残ってる!

Twitter(ツイッター)を使っていたが、もう使わないのでアカウントと情報をすべて削除したい。あるいは、トラブルに巻き込まれてしまったので、アカウントを削除したい。

そんな場合はTwitter(ツイッター)のアカウントの削除を選択すると思います。

しかし、Twitter(ツイッター)アカウントの削除を実行したのに、なぜかまだアカウント・ツイートなどが残っている!場合があります。

この現象が発生する理由と、アカウントを完全に削除するための手順を解説いたします。

消したTwitterアカウントが残っていて困っている女性のイメージ

アカウント削除後数日はアカウントデータが残っている可能性がある

Twitterのアカウントを削除後、数日の間は、ツイート履歴やアカウントが残ってる可能性があります。

主に検索エンジンやブラウザなどに残る「キャッシュデータ」によって表示されているもので、時間の経過とともに表示されなくなります。

また、後述の「猶予期間」が設定されていることにより、Twitterではアカウントを誤って復活させてしまう可能性が高まっています。

Twitterはアカウント削除後30日以内に再ログインすると、アカウントが復活してしまう!

Twitter(ツイッター)にはアカウントを削除しても、そのアカウントにログインが一度でもあれば復活する「猶予期間」が設定されています。

猶予期間は30日間で、アカウント削除後30日以内に一度でもログインすると、アカウントが復活してしまいます。

削除したアカウントにスマホアプリなどで一度でもログインを試みてしまうと、意図せずアカウントを復活させてしまうので、アカウントの削除前にスマホアプリなどは削除するか、該当するアカウントをログアウトさせる必要があります。

そのため、気づかずにアカウントにログインしてしまい、意図しないアカウントの復活を行ってしまい、「Twitterで消したアカウントが残ってる!」という現象に遭遇するのです。

なぜTwitterに「猶予期間」なるものが設定されているのか?

猶予期間が設定されている理由は、なかば衝動的にアカウントを削除してしまったが、そのアカウントでの交友などを思い出し、やっぱり復活させたい!と思うユーザーが多くいるからです。

また、Twitterアカウントの削除には、30日間の猶予期間を過ぎても、最長で7日間かかることがあるとTwitter開発元が発表しています。

ですので、アカウントが完全に削除されるまでには、30日間+7日間かかる可能性があると考えたほうが良いでしょう。

Twitterでアカウントを完全に削除するには?

Twitterでアカウントを完全に削除するには、Twitterアカウントの削除申請を行ったあと、絶対に37日間の間にそのアカウントにログインしないことで、Twitterアカウントが二度と復活しないようになります。

ですので、誤ってTwitterアカウントにログインしてしまった場合は、再度Twitterアカウントの削除申請を行い、その後37日間そのアカウントにログインしないように気をつける必要があります。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事