twitter(ツイッター)の画像ツイートで見かける青帯(青い枠・文字)は何?やり方は?

最近Twitterで見かける画像ツイートのやり方が知りたい!

Twitterのタイムラインでは、画像ツイートに青い枠に文字が書かれた画像ツイートをよく見かけるようになりました。

外部アプリを使って加工しているようにも思いますが、画像をタップするとその画像の青枠からリプライやいいねができるような仕様になっています。

この青帯の画像ツイートは一体何なのでしょうか?気になるやり方も併せてご紹介します!

Twitterで見る青帯の画像ツイートとは一体何?

Twitterのタイムラインでよく見かける青帯の画像ツイートは、最近のTwitterのアップデートで追加された新機能です。

元々撮影された画像を加工する機能ではなく、あくまでTwitterカメラの機能になります。

今までのTwitterの仕様では、「Twitterカメラを起動→撮影→ツイート画面で文字入力」という流れでしたが、この機能によって撮影してそのまま素早くツイートできるようになりました。

更に、今までは画像を掲載するとどうしても文章が目立たなくなってしまうというデメリットがありましたが、画像に青枠・白文字で文章が追加されるので非常に目立つようになりましたね!

【解説】青枠のついた画像ツイートのやり方

青枠の画像ツイートは非常にタイムラインでも目立つので「やりたい!」と思わせてくれる新機能ですが、やり方はとても簡単です。

2つの方法があるので、ぜひ試してくださいね。

アプリを起動して素早く画像を撮影する方法

Twitterのアプリを立ち上げるとこのようにタイムライン画面になります。

この画面で右から左にスワイプしてみましょう!

するとこのようにTwitterカメラが立ち上がります。

撮影したいものを写し、白枠のボタンを短く押して撮影します。

撮影すると青枠が出てきました。

「今どうしてる?」の部分をタップすると文字入力ができます。

文字入力が完了したら通常のツイートと同じようにツイートボタンをタップして投稿完了です。

投稿されました!

左にスワイプするだけで簡単に撮影モードになるので、今すぐ青枠の画像ツイートがしたい!という時はこの方法をオススメします。

ツイート画面から青枠の画像ツイートをする方法

こちらのやり方もとても簡単です。

いつものようにタイムラインから右下の青丸アイコンをタップし、ツイート画面に移動します。

カメラマークをタップするとTwitterカメラが起動します。

あとは「アプリを起動して素早く画像を撮影する方法」と流れは同じです。

撮影し、文字を入力してツイートするだけで完了です!

ツイートしようと思ったけど、画像ツイートに変更したくなった場合はこちらの方法がオススメです。

いつもTwitterカメラを使っている人はこちらの方法の方が慣れているかもしれませんね。

Twitterの青枠画像ツイートは多機能ですごかった!

文字が目立ってとても使いやすいTwitterカメラの機能ですが、実は魅力はそれだけではありません。

青枠ツイートができるだけでなく、実は多機能なTwitterカメラ。

ぜひ試してみましょう!

動画でも青枠ツイートが可能

青枠の画像ツイートができるようにアップデートされたというだけでも使い勝手が良いですが、実は動画の撮影もできます。

動画はシャッターボタンを長押しするだけなので誰でも簡単に撮影できるのが嬉しいですね。

動画の場合でも青枠に白文字をつけることができるので、とっても目立ちますよ!

青枠以外にも色の変更が可能

青枠を使っている人が多いので青枠を使いがちですが、実は青枠以外の色に変更することもできます。

色の変え方はとても簡単です。

写真の撮影後、文字入力の際にパレットのようなアイコンが表示されるので、ここをタップします。

選択できる色のリストが出るので、気分やツイートの内容によって変更しても面白いかもしれませんね。

Twitterの青枠画像ツイートを駆使しよう!

青枠の画像ツイートはタイムラインで非常に目につきやすいので、ペットや子どもの写真などに利用している人も少なくありません。

画像ツイートはタイムラインで見てもらいやすいですが、青枠ツイートなら更に見てくれる人が増えるはず。

青枠ツイートのやり方をマスターして、ツイートした写真にもっと注目を集めちゃいましょう!

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事