Twitterで最近のハイライトを非表示にして消す・オフにする方法は?

Twitterに表示される“最近のハイライト”とは?邪魔?

Twitterを開いた時に新しくツイートされたものが上から順に表示されるタイムライン。

見ていない時間に何が呟かれていたのか下にスクロールして見ていくというのがTwitterの基本的な使い方ですが、タイムラインの時系列がおかしいことに気づいた人も多いのではないでしょうか。

その原因は突如Twitterに追加された機能、“最近のハイライト”です。

ハイライト機能とはいわゆる“Twitterを見ていない間に多く注目されたツイート”が表示されるというもの。

ハイライトはユーザーが好きそうなツイートを自動でセレクトして表示してくれるので面白いツイートが多くてありがたいですが、本来のタイムラインとして機能しなくなってしまうので「邪魔」と思っている人も少なくないようです。

それではこの“最近のハイライト”を非表示にしたりオフにする方法はあるのでしょうか?

Twitterの最近のハイライトを非表示・オフにする方法を解説!

現在表示されているハイライトを非表示にする方法

やり方はとても簡単!

  • 現在表示されている“最近のハイライト”の右横にあるアルファベットのvに似た形の下向きの矢印をタップします。
  • “表示する回数を減らす”という項目が表示されるのでタップして選択します。

これで完了です!

たったの2ステップで現時点での最近のハイライトを非表示にすることができました。

Twitterの最近のハイライト機能をオフにする方法はある?

Twitterは頻繁にアップデートが行われており、2018年までは設定画面から「重要な新着ツイートをトップに表示」という項目をオフにすることで最近のハイライト機能をオフにすることができたのですが、2019年7月現在ではこの項目が削除されています。

今後この項目がアップデートにより復活することも充分にありますが、現時点で“最近のハイライト”を完全にオフにすることは難しいようです。

わずらわしさを感じたら、表示される度にハイライトを非表示にする方法を実行して表示する頻度を下げてみてくださいね。

繰り返しアップデートされる“最近のハイライト”

Twitterの運営は「ユーザーが快適にTwitterを利用できるように」という思いでハイライト機能を追加したようですが、「ありがた迷惑」と思っているユーザーは意外と多いようです。

Twitterの基盤であるタイムライン機能を無視して頻繁に表示されるため、ユーザーの混乱を招いてしまったのかもしれませんね。

最近のハイライト機能は何度もアップデートで消えたり設定に項目が追加されたりを繰り返しているので、今後は更にユーザーに寄り添った機能に変身してくれることを願うばかりです。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事