Twitter(ツイッター)のDM解放の意味とやり方(iPhone・PCブラウザ)【2021年最新】

TwitterのDM解放の意味

【2021年4月27日更新!】

自分からみた通常のDM受信条件

TwitterのDMは、デフォルトの設定では自分がフォローしている相手からのDMしか、受信ができないようになっています。

デフォルトの設定ではあなたがフォローしている相手以外のユーザーは、あなたにDMを送信することができません。

相手からみた通常のDM送信条件

相手から見ると、あなたが相手をフォローしている場合のみ、相手はあなたにDMを送信することが可能です。

そのため、あなたが相手をフォローをしてくれなければ、相手側からは通常はDMを送信することはできません。

TwitterのDM解放とは?

DM解放とは、Twitterを設定変更し、「自分がフォローしている相手以外の不特定多数の相手からのDMを受け取れるようにする」ことです。

なお、DM解放はいわゆる鍵アカウントであっても可能になります。

DM解放により、あなたがフォローしていない相手からも、DMを受信することができるようになります。

iPhoneのTwitterアプリでのDM解放のやり方

1.ホーム画面左上のアイコンをタップ

Twitterのホーム画面を表示させ、左上にあるアイコンをタップします。

2.設定とプライバシーをタップ

サイドメニューが表示されるので、「設定とプライバシー」の項目をタップします。

iPhoneのTwitterの設定とプライバシーをタップの説明用スクリーンショット

3.プライバシーとセキュリティをタップ

設定とプライバシーのメニューの中にある、「プライバシーとセキュリティ」をタップして進みます。

iPhoneのTwitterのプライバシーとセキュリティをタップの説明用スクリーンショット

4.すべてのアカウントからメッセージを受け取るをONにする

プライバシーとセキュリティのメニューの「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」のトグルボタンをONにします。(ONになると緑色に変化します)

ここをONにすると、あなたがフォローしている相手以外の不特定多数の相手からのDMが受け取れるようになります。

これをいわゆる「TwitterのDM解放」と呼んでいるのです。

逆に、不特定多数の相手からのDMを受け取りたくない場合は、「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」のトグルボタンをOFFにします。(OFFになると白色に変化します)

PCのブラウザ版TwitterでのDM解放のやり方

1.Twitterのホーム画面で設定のアイコンをクリック

ブラウザ版Twitterのホーム画面を開いたら、左側にある設定のアイコンをクリックします。

2.設定とプライバシーをクリック

出てきたメニューリストの「設定とプライバシー」をクリックします。

3.プライバシーとセキュリティをクリック

出てきた設定画面の左側サイドバーの「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

4.ダイレクトメッセージの項目を選択

5.すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可するをチェック

「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」の項目にチェックを入れます。

ここにチェックを入れると、あなたがフォローしている相手以外の不特定多数の相手からのDMが受け取れるようになります。

これをいわゆる「TwitterのDM解放」と呼んでいるのです。

逆に、不特定多数の相手からのDMを受け取りたくない場合は、「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」のチェックを外します。

お役立ちリンク