Twitter(ツイッター)でツイ消しやアカウント削除された過去のツイートを見る方法はある?

Twitterでツイ消し・アカウント削除された過去のツイートを見るには?

Twitterを見ていると、面白い呟きをしていた人が急にアカウントを削除してしまったり、ツイートを消してしまって見られなくなってしまうという事が時々あります。

アカウント削除やツイ消しされた時に過去のツイートをもう一度見られるようにする方法はあるのでしょうか? 

キャッシュを取得することで過去のツイートを見る

一つ目の方法は、キャッシュを取得して過去のツイートを見る方法です。

まずはブラウザを開いて検索しましょう。

今回の記事ではchromeを利用しています。

https://twitter.com/ユーザー名

と入力し、検索してみます。

該当するアカウントがヒットしたことを確認できたら、表示されているURLの後ろの▼をクリックしキャッシュを選択してください。

これで最大20ツイートほど取得することができます。

すべてのツイートが表示されるわけではない

キャッシュを表示してもすべてのツイートが見られるわけではありません。キャッシュ取得直後から数日前までのツイートはまだ表示されていない場合もあるため注意が必要です。

RSSリーダーを使って、ツイートを記録する

二つ目は、無料のRSSリーダーFeedlyを使う方法です。

まずはTwitterのRSSを取得しましょう。

ブラウザでQueryfeedというサイトにアクセスします。

こちらは特にログイン等は必要ありません。

from:ユーザー名 と入力しsearchをクリックしてください。

ページが切り替わります。

アドレスバーに表示されているURLをコピーしましょう。

次にfeedlyにアクセスします。

右上のログインボタンから、google・Facebook・Twitterなどお好きなアカウントでログインしてください。

 ログインできたら中央の検索窓にさきほどコピーしたURLを貼り付けるとFEEDが表示されます。

 このような画面が表示されたら、ここからは基本的に緑のボタンをクリックしていきましょう。

まずは右上のFOLLOW。

次は下に表示された+NEWFEEDです。

Feed nameを入力し、CREATEをクリックします。

するとこのような画面が表示されますので、左側の画面から作成したFEEDを選択し、右画面の下に表示されたSEE ALL ARTICLESをクリックすれば完了です。

対象アカウントのツイートが表示されました!

過去のツイートも遡ることができます。

RSS取得前に削除されたツイートは見られないので注意!

RSSリーダーを使った方法はとても便利なのですが、FEEDを取得する前に削除されたツイートは見ることができません。

定期的にツイ消しする人や期間限定アカウントの場合は、事前にRSSリーダーに登録しておくといいでしょう。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

twitterの使い方の新着記事