TikTokのQRコード(TikCode)の出し方&QRコードを送るにはインスタやtwitterのDMも活用!

最終更新:2020年6月1日

TikTokのQRコード(TikCode)について解説!

TikTokにもQRコードがあるのをご存じですか?

TikCode(ティックコード)と呼ばれ、使いこなすと実は便利な機能です。

この記事では、TikTokのQRコード(TikCode)の出し方や、QRコードを送るにはどうすればいいかについて解説します。

その他に、QRコード(TikCode)の基本的な使い方や保存のやり方、送る時の注意点についても説明していますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

TikTokのQRコード(TikCode)とは?

TikTokのQRコード(TikCode)は、LINEのQRコードのように、アカウントを表示させるための読み取り用コードです。

QRコードはどんな時に使う?

  • 自分のアカウントを人に教える時
  • 人のアカウントを表示させたい時

もちろん、ユーザー名でも検索できますが、QRコード(TikCode)を使うと早く簡単にアカウントを表示させることができます。

基本的な使い方

  1. QRコード(TikCode)を表示させる
  2. QRコード(TikCode)を保存する
  3. QRコード(TikCode)をスキャンして読み込む

この3つが基本の使い方です。詳しくは次の章で解説していきます。

TikTokのQRコード(TikCode)の出し方&保存のやり方は?

まずは、TikTokのQRコード(TikCode)の出し方&保存のやり方について解説します。

LINEや他のアプリと比べると、かなり少ない操作でできるので簡単です。

自分のアカウントのQRコードの出し方

①TikTokにログインし、マイページの右上[…]マークをタップします。
※複数のアカウントを持っている場合は、表示させたいアカウントにログインしてください。

[Tikcode]をタップします。

③これで、QRコード(Tikcode)が表示されます。

QRコードの保存のやり方

①QRコード(Tikcode)が表示されている画面で、[デバイスに保存]をタップします。

②保存すると、スクショのような画像が、スマホのアルバムに保存されます。

TikTokのQRコード(Tikcode)をスキャンする方法は?

次に、他の人のQRコード(Tikcode)をスキャンして、アカウントを表示させるやり方について解説します。

スキャンしたいQRコードの画面がその場にある場合と、一旦アルバムに保存した画面をスキャンする場合の、2つのやり方があります。

画面を直接スキャンする方法

①QRコード(Tikcode)が表示されている画面で、[スキャン]をタップします。

②スキャン(読み込み)が始まるので、枠の中にスキャンしたいQRコード(Tikcode)を合わせます。

③読み込むと、すぐに相手のプロフィール画面が表示されます。

アルバムから読み込む方法

①スキャン(読み込み)の画面で、右上の[アルバム]をタップします。

②アルバムから、スキャンしたいQRコード(Tikcode)を選択すると、すぐにそのアカウントのプロフィール画面に飛びます。

TikTokのQRコードを送るには?

この記事を書いている時点では、TikTokから直接QRコードを送る方法はありません。

ただし、インスタやtwitterなど、他のアプリやSNSのDMを活用すれば送ることができます。

TikTokのDMでは送れない?

TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)では、写真や動画を送れないことになっています。

そのため、TikTok内で直接QRコード(Tikcode)を送ることはできません。

他のアプリやSNSのDMを活用!

QRコードを送るには、インスタ・twitter・LINEなど、他のアプリやSNSのDMを活用します。

やり方は、次のとおりです。

①QRコード(Tikcode)をアルバムに保存します。【見出し③で解説しています】

②インスタ・twitter・LINEなど、他のアプリやSNSのDMに画像を添付して送ります。

これで、QRコードを送ることができます。

QRコードを送る時の注意点

QRコード(TikCode)の添付されたDMを受け取った相手は、一旦画像を保存してTikTokでスキャンするか、他のデバイスに表示させてスキャンする必要があります。

DMを受け取った相手が、「あれ?どうやってスキャンするんだっけ?」となる可能性があるので、注意しましょう。

状況によっては、QRコード(TikCode)よりもユーザー名で検索してもらう方が簡単な場合もあります。

相手がやりやすい方法で、自分のアカウントに招待しましょう。

まとめ

ここまで、TikTokのQRコード(TikCode)の出し方&QRコードを送る方法について解説してきました。

QRコードは、使い方によってはとても便利です。

複数の人の目にとまる場所(Webサイト・広告・ポスターなど)に記載すると、簡単にスキャンできるのが特徴です。

ただし、DMなどにQRコード(TikCode)を添付する際は、受け取る側が保存やスキャンをする必要があることを覚えておきましょう。

状況に応じてうまく活用していただければと思います。

画像引用元&出典:TikTok

New Article

TikTokの使い方の新着記事