TikTokの使いすぎ防止機能「デジタルウェルビューイング」とは?

TikTokの使いすぎ防止機能「デジタルウェルビューイング」とは?

デジタルウェルビューイングとはTikTok使用時間の制限と不適切な内容を含むと判断された動画の視聴を制限する二つの機能を持った設定項目のことです。

TikTokアプリの設定画面から簡単に設定することができます。

プロフィール画面右上のメニューを開く

項目の中からデジタルウェルビューイングを開く

また、デジタルウェルビューイングの項目にはペアレンタルコントロールの項目が用意されています。

保護者がアカウントを作成し、お子様のアカウントの使用制限など管理することができます。

デジタルウェルビューイング:使用時間制限モード

使用時間制限モードはTikTokアプリの使用時間を制限する機能です。

制限時間は40分〜120分の幅で設定することができ、制限を越えて利用したい場合はパスコードの入力が必要になります。

パスコードを知っていればいつでも簡単に制限を破ることができるので制限を守る自信のない方は信頼できる人にパスコードを設定してもらいましょう。

デジタルウェルビューイング:使用制限モード

使用制限モードはTikTokが会社で定めた不適切な内容に該当する動画の表示を制限することのできる機能です。

使用時間制限モードと同じようにパスコードでの管理が可能なので覚えておきましょう。

不適切な内容についてはTikTokが利用規約にも掲載しているのでどのようなものなのか確認しておいてください。

デジタルウェルビューイング:ペアレンタルコントロール

TikTokではデジタルウェルビューイングからペアレンタルコントロールの設定を行うことができ、保護者が子供のアカウントの管理をすることができます。

管理できるのは以下の項目です。

  • スクリーンタイムの管理
  • DM相手の設定
  • 不適切なコンテンツの非表示

どの項目も親であるなら心配になるものばかりなので設定できるのは嬉しいポイントです。

通常の制限モードでは自分で解除できるのに比べて、ペアレンタルコントロールからの設定は親のアカウントからの操作でないと設定の変更ができないので安心です。

設定は簡単でデジタルウェルビューイングの項目のペアレンタルコントロールで保護者か子供かを選択し、子供を選択した際に表示されるQRコードを読み込むだけです。

デジタルウェルビューイングはスマホの利用時間が多い現代に必須の設定

デジタルウェルビューイングの設定はTikTokの利用時間や不適切とされる内容の動画を非表示する機能になっており、TikTokのようなついついスマホの利用時間が伸びてしまうようなアプリには必須の機能になっています。

特に勉強時間などが気になる子供のいる保護者には保護者による利用時間や利用方法の設定を管理できるペアレンタルコントロール機能が用意されているので是非活用しましょう。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

TikTokの使い方の新着記事