TikTokのセーブした動画の見方は?どこにあるか解説!【ティックトックの疑問】のサムネイル画像

TikTokのセーブした動画の見方は?どこにあるか解説!【ティックトックの疑問】

TikTokのセーブ機能って?

【2022年2月更新!】

TikTokの機能に、「セーブ」というものがあるのはご存知ですか?

「セーブ」機能とは、Instagramでいう「保存」、Twitterでいう「ブックマーク」のようなものです。

要するに、好きな動画や覚えておきたい動画などを保存しておける機能です。

過去にいいねした動画も見ることができますが、いいねはたくさんするので覚えておきたい動画が流れてしまい、わからなくなりがちです。

「セーブ」しておけば、大事な動画だけをいいねした動画とは別に保存しておくことができます。

そんな「セーブ」機能ですが、どのように使うの?どこから見れるの?

そういった疑問があると思います。

それらの疑問について画像付きで解説します!

セーブ機能ってどうやって使うの?

セーブ機能は、「動画」だけでなく、「ハッシュタグ」「楽曲」「エフェクト」にも使うことができます。

①動画のセーブ

まず、動画のセーブは、動画の「シェア」ボタンから行えます。

tiktok まず、動画のセーブは、動画の「シェア」ボタンから行えます。の画像

この「シェア」ボタンを押すと、このような画面になります。

このなかにある「セーブする」を押すと動画をセーブすることができます。

tiktok このなかにある「セーブする」を押すと動画をセーブすることができます。の画像

また、動画画面を長押しすることでもセーブすることが可能です。

②ハッシュタグのセーブ

ハッシュタグのセーブは、「トレンド」のページからできます。

tiktok ハッシュタグのセーブは、「トレンド」のページからできます。の画像

好きなハッシュタグを検索・選択したら、このように「セーブする」が選べます。

tiktok 好きなハッシュタグを検索・選択したら、このように「セーブする」が選べます。の画像

ハッシュタグをセーブすると、お気に入りのハッシュタグですぐに検索することができるようになります。

③楽曲のセーブ

楽曲のセーブは、その楽曲が使われている動画からセーブできます。

右下にある「レコードマーク」をタップしてください。

tiktok 右下にある「レコードマーク」をタップしてください。の画像

すると、このように「セーブする」が選べます。

tiktok すると、このように「セーブする」が選べます。の画像

また、先ほどのハッシュタグと同じように「トレンド」の検索欄から検索することでもセーブできます。

④エフェクトのセーブ

エフェクトのセーブは、「+」で動画を撮影するページですることができます。

左下のエフェクトを押すと、たくさんのエフェクトが出てきます。

tiktok 左下のエフェクトを押すと、たくさんのエフェクトが出てきます。の画像

このなかから好きなエフェクトを選び、このセーブマークからセーブすることができます。

tiktok このなかから好きなスタンプを選び、このセーブマークからセーブすることができます。の画像

セーブした動画などの見方は?どこにあるの?

このようにセーブした動画などは、どこにあるのでしょうか。

答えは、「マイページ」です。

マイページを開くと、このようなセーブマークがあります。

tiktok マイページを開くと、このようなセーブマークがあります。の画像

ここを押すと、先ほどの方法でセーブした動画、ハッシュタグ、楽曲、スタンプを見ることができます。

tiktok ここを押すと、先ほどの方法でセーブした動画、ハッシュタグ、楽曲、スタンプを見ることができます。の画像

マイページのプロフィールを編集の隣、と覚えておきましょう。

このようにセーブすると、自分で動画を作成するときに非常に便利です。

例えば、動画作成ページの上の方にある「楽曲」ボタンを押して、使う楽曲を選ぶとき。

tiktok 例えば、動画作成ページの上の方にある「楽曲」ボタンを押して、使う楽曲を選ぶとき。の画像

このように、セーブした楽曲を簡単に選ぶことができます。

セーブ機能は、動画を投稿する人に特におすすめです。

セーブした動画はマイページにある!

今回は、TikTokのセーブ機能について解説しました。

TikTokのセーブ機能では、動画、ハッシュタグ、楽曲、エフェクトの4つを保存することができます。

それらのセーブした動画などは、「マイページ」にあるセーブマークから見ることができます。

また、実際に動画を撮影するときにもセーブした楽曲、エフェクトなどを使うことができます。

これらの方法を使って、TikTokをより便利に楽しみましょう。

お役立ちリンク