TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)は削除すると相手側も消える?どうなる?

DM(ダイレクトメッセージ)を削除すると相手側も消える?

DM(ダイレクトメッセージ)を送信したあとに、「送信を取り消したい」もしくは「間違って削除してしまった」という状況になったことはありませんか?

TikTokでDM(ダイレクトメッセージ)の削除をすると、相手側も消えるのか?通知されるのか?と色々気になりますよね。

相手側の受信設定や、間違って削除したときのバックアップの方法なども紹介しながら、検証していきます。

DM(ダイレクトメッセージ)削除をするとどうなる?

DM(ダイレクトメッセージ)の削除をすると、自分側にはなにも記録が残りません。

このように日時なども消え、「送信をキャンセルしました」などのメッセージも表示されません。

次に相手側が消えるかどうかですが、自分側でDM(ダイレクトメッセージ)の削除をしても、相手側の画面には何も影響がでません。

相手側にも、LINEのように「メッセージを取り消しました」というメッセージが届くことはありません。

相手側が未読であっても削除できないのか?

TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)は、送信ボタンを押した時点で、相手に通知されます。

このように相手に通知されたあとは、未読であっても送信を取り消すことはできませんし、通知も消えません。

相手にフォローされていない場合はどうなる?

相手側にフォローされていなければ、削除ができるのでは?と思うかもしれませんね。

送信ボタンを押したあとの取り消しはフォロー関係なしにできないことになっています。

ちなみにTikTokのDM(ダイレクトメッセージ)がLINEと違うところは、相手側が※メッセージ受信設定やブロックをしていると、メッセージの送信自体ができない点です。

メッセージ受信設定とは

[設定]→[プライバシー設定]→[安全フィルター] 自分にメッセージを送信できる人→[誰でも/友達のみ/オフ]で選ぶことです。

TikTokで「友達」とされるのは、相互フォロワー(お互いにフォローしあっている人)のことを指します。

DM(ダイレクトメッセージ)削除の設定はできる?できない?

2020年3月の時点ではDM(ダイレクトメッセージ)の削除に関する設定方法はありません。

送信ボタンを押したあとに、送信を取り消すことはできません。

万が一、自分側でまちがってメッセージを削除してしまった場合、チャット履歴をダウンロードする方法があります。

[設定]→[プライバシー設定]→[パーソナライズ設定とデータ]→[TikTokのデータをダウンロード]で、自分のアクティビティのデータをンロードすることができます。

そのデータの中にチャット履歴も含まれますが、データのリクエストには最長1か月かかることもあります。メッセージ削除の際は、ほんとうに削除していいかどうか確認してからにしましょう。

以上、TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)は削除するとどうなるかについて検証してきました。

このほかに、TikTokのDM(ダイレクトメッセージ)には既読機能はある?既読はつく?が気になる方は、こちらも参考にしてみてください。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

TikTokの使い方の新着記事