Slack(スラック)スマホアプリ版で未読にするのやり方は?

Slack(スラック)で一度読んだメッセージを未読状態に戻したい!

Slack(スラック)でメッセージを受信すると、下の画像のように未読件数が表示されます。

チャット画面を開くと、下の画像のように「新規」と赤い線の後に未読メッセージが表示されます。

そして、未読メッセージを表示した後にDM一覧画面に戻ると、未読件数を表示していた赤いバッジが消える仕組みとなっています。

未読の赤いバッジがついていると、メッセージを確認しやすいですよね。

Slack(スラック)では、一度メッセージを開いてしまってからでも、後でチェックできるように再度未読の状態に戻すことが可能です。

Slack(スラック)のスマホアプリ版でメッセージを未読にするやり方

Slack(スラック)のスマホアプリ版で、一度読んだメッセージを再び未読の状態にする方法をご紹介します。

未読にする場合は、指定したメッセージ以降の全てのメッセージが未読状態になります。

クイック解説

1.未読にしたいメッセージを長押しタップします。
2.「未読にする」をタップします。

画像で詳しく解説

1.未読にしたいメッセージを長押しタップします。

2.「未読にする」をタップします。

画面上部に、「2件の未読」と表示され、未読にしたメッセージの上に「新規」の赤い線が表示されました。

これで、「おはようございます」以降のメッセージを全て未読にすることができました。

未読にするとダイレクトメッセージの画面やホーム画面ではどのように表示される?

メッセージを未読状態に戻すと、ダイレクトメッセージの画面やホーム画面の表示も変化します。

メッセージの送り主のアカウント名が太字で表示され、未読のメッセージ数を示すバッジが表示されました。

ホーム画面では、「未読」の見出し内に表示されています。

Slack(スラック)のスマホアプリ版で未読にすると相手からはどのように見える?

Slack(スラック)にはLINEのようなメッセージアプリに備わっている「既読」機能は存在しません。

Slack(スラック)の未読機能は、あくまで自分がメッセージを確認しやすいようにするための機能です。

そのため、一度読んだ後に未読にしたとしても、相手にわかることはありません。

お役立ちリンク