Slack(スラック)でメッセージを削除するとどうなる?相手に通知は届く?

Slack(スラック)でメッセージを削除したい!

Slack(スラック)でメッセージのやり取りをしている時に、「間違って送信してしまった!」「メッセージを取り消したい!」、そんな場面があるかと思います。

そのような場合はメッセージの削除ができますが、削除すると表示はどうなるのか?相手に通知が届くのか?気になるところですよね。

この記事では、そんな疑問にお答えします。

メッセージ削除の注意点についても解説しますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

Slack(スラック)でメッセージを削除するとどうなる?

Slack(スラック)でメッセージを削除すると、表示がどのようになるか?相手側にはどう見えるかについて解説します。

メッセージはどうなる?

Slack(スラック)でメッセージを削除すると、自分の画面からも相手の画面からも削除されます。

画面に履歴は残る?

「メッセージを削除しました」という履歴は、自分の画面にも相手の画面にも残りません。

相手側にはどう見える?

オンラインであれば、すぐに相手側にも反映されます。

削除したメッセージだけが、画面から消えます。

サイドバーの表示は?

Slack(スラック)でメッセージを送った場合、下の画像のように相手のサイドバーに「未読メッセージの数」が表示されますよね。

  

メッセージを削除すると、この「未読メッセージの数」が消えます。下の画像のように変わります。

もしも、相手がSlack(スラック)の画面を開いている場合は、「未読メッセージの数」が消える瞬間を見られる可能性はあります。

Slack(スラック)でメッセージを削除すると相手に通知は届く?

Slack(スラック)では、新しいメッセージが届いた時に、Slack(スラック)の画面を開いていなくても「ポップアップの通知」が届きます。

※Slack(スラック)の初期設定では、「通知する」に設定されています。

メッセージを削除した場合は、「メッセージを削除しました」のような通知は届きません。

もしも、相手がオンラインで通知を見ていた場合、実際にSlack(スラック)のチャット画面を開いたらメッセージが届いていないことになります。

Slack(スラック)でメッセージを削除するときの注意点

Slack(スラック)でメッセージを削除するときの注意点が3つあります。

メッセージを削除すると突然消える

メッセージの削除をすると、相手側の画面からも突然メッセージが消えることになります。

もしも、相手がSlack(スラック)の画面を開いている場合は、突然メッセージが消えると驚かせてしまう可能性もあります。

そのため、「~の理由でメッセージを削除しました」といった内容のメッセージを送って、説明すると親切ですね。

削除したメッセージは戻せない

一度削除したメッセージは、もう一度確認したり、復活させたりすることができません。

メッセージを削除する際には、本当に削除してもいいのかを確認してから行うようにしましょう。

メッセージの削除権限が設定されている場合がある

Slack(スラック)のワークスペースのオーナーと管理者は、メッセージの削除権限を設定することができます。

削除権限の設定によって、「メッセージを編集できる時間帯」と「メッセージを削除できるメンバー」を制限できます。

自分がワークスペースのオーナーや管理者でない場合、これらの制限によって、削除できない場合があることを覚えておきましょう。

Slack(スラック)でメッセージを削除するやり方&方法は?

削除のやり方&方法は簡単です。

①「削除したい会話」にカーソルを持っていくと、右上にメニューバーが表示されるので、点3つの「その他マーク」をクリックします。

②「メッセージを削除する」をクリック、または「Deleteキー」を押します。

③「本当に削除しますか?」と確認されるので、「削除する」をクリックします。
※削除後に元に戻すことができないので、注意してください。

まとめ

ここまで、Slack(スラック)でメッセージを削除するとどうなるか?相手に通知は届くのか?について解説してきました。

Slack(スラック)では、簡単にメッセージの削除ができて履歴も残りません。

ただし、メッセージの削除をすると、未読メッセージの表示や通知が突然消えることになります。

メッセージの削除をあまり頻繁におこなうと、相手に不快な思いをさせる可能性もあるので気を付けておこないましょう。

画像引用元&出典:Slack

Search

検索で探す

New Article

Slackの使い方の新着記事