Skype(スカイプ)で会議への招待URLリンクの作り方!有効期限はある?

Skype(スカイプ)の新サービス”今すぐ会議”の招待URLの作り方と招待方法!

4月3日にSkype(スカイプ)アカウントやアプリを持ってなくてもWeb会議ができる機能”今すぐ会議”が利用できるようになりました。

Skypeのアプリも登録も不要で便利なサービスになっています。

今回は新サービス”今すぐ会議”の招待の作り方と招待方法について実際の画面を交えながら解説していきたいと思います。

※画像はスマホ版のものですがPC版でも操作はほぼ同じです。

通話アイコンをタップ

会議アイコンをタップ

この段階で新しい会議が作成されカメラが起動します。

招待を共有をタップ

共有する方法を選んでタップ

これだけで新しい会議の作成から招待URLリンクの共有まで完了です。

難しい操作はなく誰でもすぐにビデオ会議を始めることができます。

一度作った会議はチャットに表示されるようになり、いつでもまた利用できるようになりますよ。

一度作成した会議は会議中でなくても招待URLリンクが送信できる

一度作成した会議はチャットルームから直接招待URLリンクをコピーできるようになります。

通話をしていなくても招待ができるようになるので活用してみてください。

Skype(スカイプ)会議・招待URLリンクの有効期限はありません

スカイプ上で作成した会議には有効期限はありません。

会議の数も無制限に作ることができ、いつでも行うことができます。

通話の記録等も可能になっていますが、通話記録に関しては最大で30日間の保管期限があるので注意しましょう。

Skype(スカイプ)会議の注意点

登録・ログイン・ダウンロードなしで参加できるのがウリの会議ですが、いくつかの注意点があります。

※4月29日現在の情報です。今後のアップデートで変化する可能性があります。

スマホの場合はアプリのインストールが必須

公式サイトではアプリがインストールされていない場合はweb版が使用できるという記載があります。

しかし、筆者が実際にスマホで試してみたところアプリをインストールしていない端末では会議の画面を開くことができませんでした。

アプリがあれば問題なく会議に参加することができたのでスマホの利用を考えている場合はアプリを用意しておきましょう。

Skype(スカイプ)Web版を利用するには指定のブラウザが必要

アプリがない状態で使用するには「Microsoft Edge」もしくは「Google Chrome」が必要です。

他のブラウザでは動作が保証されていませんので気をつけましょう。

作成した会議の名前は全て『会議』で登録される

簡単に会議を作成することができる反面、作成した会議は全て『会議』という名前でチャットに登録されます。

たくさんの会議を作成すると混乱してしまうので会議の名前はなるべく早く変更しましょう。

参加可能人数の上限が不明

公式サイトでは参加可能人数の上限は公表されていませんでした。

通常のグループチャットの参加上限は25人なので25人を上限の目安と考えるのが良いかもしれません。

Skype(スカイプ)会議は誰でも参加できるWeb会議の招待URLリンクを簡単に共有できます。

ご紹介させていただいたようにSkype(スカイプ)のWeb会議は少ない手順で簡単に開くことができます。

招待URLリンクも会議のページからいつでも共有可能なので是非試してみてください。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

Skypeの使い方の新着記事