LINE(ライン)のリプライとアナウンスの違いって?どう使い分ける?

リプライとアナウンス、あなたはどう使う?

友人や家族などと通話したりトークを楽しむことのできるLINE(ライン)。

LINE(ライン)を使っている人の多くが、複数人でのグループトークに入っているのではないでしょうか。

コミュニケーションツールとしてLINE(ライン)が愛される理由は、その使い勝手の良さ。

様々な機能がリリースされ、円滑にコミュニケーションがとれるのが嬉しいですね。

スマホユーザーから愛されているLINE(ライン)ですが、グループLINEでトラブルに見舞われた経験はありませんか?

グループトークは人数が多ければ多いほど楽しいですが、自分に対してのトークを見逃したり、目を離したすきに会話に着いていけなくなってしまっていたりと、楽しいツールならではのトラブルがつきものです。

そんなトラブルを解決すべく、LINE(ライン)からはリプライ機能とアナウンス機能がリリースされました。

この二つの機能は、グループトークを円滑にしてくれる機能ですが、どのように使い分けるべきなのでしょうか?

二つの機能の特徴を挙げ、それぞれの使い分け方を解説します!

LINE(ライン)のリプライ機能は“トークを引用して返信する機能”

目新しいながらも、LINE(ライン)でグループトークをする人に大好評の“リプライ機能”。

▲リプライ機能はこのようにトークを指定して、引用返信ができる機能です。

このリプライ機能を使えば、どのトークに誰が返信しているのか一目瞭然ですね。

使い方という視点では、Twitterの「引用してリツイート」という機能に似ています。

流れが速いグループトークでは、あなたに対しての反応を見逃してしまうこともしばしば。

このリプライ機能を使うことができれば、流れてしまったトークでも話題を引っ張ってきやすく話題の軌道修正ができるということになりますね。

LINE(ライン)のアナウンス機能は“メンバーに周知させる機能”

リプライは相手にわかる形で引用返信ができる機能ですが、アナウンスはどうでしょうか。

▲アナウンスとは、このようにトーク画面の上部にメッセージを表示させる機能です。

やり方は表示させたいトークを長押しして「アナウンス」をタップするだけ。

このアナウンスはメンバー全員が同じように表示されます。

つまりアナウンス機能は、メンバー全員に周知すべきことがある時に非常に有効な機能ということになりますね。

例えば、待ち合わせの場所や時間などをアナウンス設定しておいたり、ゲームのグループの場合はイベント開始日や加入にあたっての注意事項などを設定したりという使い方ができます。

自分ひとりのグループを作って、忘れてはいけない予定をアナウンス設定しておくという使い方もできますよ!

リプライもアナウンスも目的で使い分ける!

リプライ機能とアナウンス機能についてそれぞれ解説しました。

リプライは返信したいトークを引用してコメントできる機能、そしてアナウンスは全員に周知したいことを貼りだす機能であることがわかりましたね!

どちらもグループラインにおいて非常に便利な機能です。

一見似ているように思われがちではありますが、用途も活用法も大きく異なります。

その状況に応じて使い分けて、もっと快適なLINE(ライン)のトークを楽しんでくださいね。

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事