LINE(ライン)トークリストのピン留めは通知でバレる?相手にわかる?

LINEのトークリストをピン留めしたいけど…

LINEは今や連絡を取るための定番ツール。企業のアカウントをフォローすることでクーポンがもらえたりセール情報が送られてきたりと便利に活用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、友人や仕事などのトークと同じように企業アカウントからLINEが送られてくると自動的にトークリストの一番上に移動されれてしまうので、友人とのトークがすぐ下の方に埋もれてしまう…と困っていませんか?

そんな時に使いたいのがトークリストの「ピン留め機能」です。

このピン留め機能は、使うことで常にトークリストの一番上に表示されるとても便利な機能です。

ですがやはり気になるのは「ピン留めすることで相手にバレるかどうか」ですよね。

今回はLINEのトークリストのピン留めが通知されるのかについて詳しく解説していきます!

LINEのトークリストをピン留めすると相手に通知される?

ピン留めはとても使いやすそうな機能ですが、トークリストにピン留めをしたら相手に通知がいってしまいそう…とあなたも躊躇っているのではないでしょうか。

結論から言うと、トークリストをピン留めしてもまず相手に通知がいくことはありません。

こちらが自発的にピン留めしたということを明かす、もしくはトークリスト一覧を見られてしまうようなことがない限りは、相手にわかるようなことはありません。

そのため、ピン留めするトークを間違えてしまっても相手に通知がいくことがないので安心ですね!

自分だけにしかわからない機能なので、ピン留めするのも外すのもあなたの自由です。

気軽に設定できて便利ですよね。

LINEのピン留め機能で通知されてしまうのは「アナウンス」

気軽かつ自由に設定できるピン留め機能ですが、「ピン留めが通知される」と一部で誤解されているケースがあります。

実はLINEにある「ピン留め機能」はトークリストだけではありません。

LINEには“トーク内のピン留め機能”というものもあり、こちらは「トークした内容をピン留めする」という機能です。

これは「アナウンス機能」と呼ばれており、例えば「〇月〇日の〇時に○○駅前に集合」というトークをピン留めすると、そのトークにいるメンバーすべてに通知され、常に全員のトークの一番上にピン留めしたトークが表示される機能です。

約束や重要な連絡事項をピン留めすると忘れないで済むので重宝されている機能ですが、トークリストのピン留め機能とはまた仕様が異なります。

通知されるのはアナウンス機能であり、通知されることがないのはトークリストのピン留めです。

相手にバレないからこそピン留めを便利に活用しよう!

アナウンス機能と間違えてトークリストのピン留め機能を「通知で相手にバレる」と思っている人も多いですが、トークリストのピン留めは相手に通知されることはありません。

自分で自由にカスタマイズできるので、恋人とのトークをピン留めしたり会社の人とのトークをピン留めしたり…使い方はあなた次第です。

誰にもバレずに自由にカスタマイズできるからこそ、あなたのLINEはもっと充実するはずです。

あなたもピン留め機能を活用して、もっとLINEを便利に活用してくださいね!

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事