LINE(ライン)のトークスクショ機能で、アイコンを隠す方法は?

今やスマホに欠かせないスクショ機能

スマホで記録したいものをメモする方法はいくつかありますが、その中でもスマホのスクリーンショットはとても便利な機能です。

インターネットで調べ物をしている時やアプリで覚えておきたい事が出てきた時に重宝します。

今回はLINE(ライン)のトーク画面をスクショする方法をご紹介します。

もちろん、スマホ自体の機能でスクショすることも可能ですが、LINE(ライン)のアプリ内で行うことのメリットと併せて解説します。

LINE(ライン)のスクショはiPhoneだけ?

当記事を投稿した段階では、LINE(ライン)自体のスクショ機能を利用できるのはiPhoneのみです。

当記事で詳細は割愛しますが、Androidを利用されている方は、Playストアでスクショ専用のアプリをインストールすることで代用できます。

LINE(ライン)のスクショ機能を利用するメリット

iPhone自体のスクショ機能は、WEBページを撮る際は全体保存できます。

しかし、アプリをスクショした場合は、画面に表示されている部分のみしか保存できません。

LINE(ライン)自体でスクショを実行すると、その時の画面に表示されている部分以外も一枚の画像として保存できます。

また、共有目的で保存する場合などは、アイコンや名前が表示されていると不都合になることもあります。

スマホ自体のスクショ機能を利用した場合、アイコンや名前を隠すには編集の手間がかかりますが、LINE(ライン)自体でスクショをすると、アイコンと名前を隠すか、表示させるかを選択できます。

iPhoneでLINE(ライン)のアイコンを隠す・スクショする方法

スクショをしたいLINE(ライン)のトーク画面を開きます。

スクショをしたい最下部のメッセージや写真を長押しします。

「スクショ」を選択します。

長押しで選択した部分のみ明るくなります。

スクショをしたい部分の最上部のメッセージや写真の部分をタップします。

明るくなったのを確認して、「情報を隠す」をタップします。

前述の操作で、アイコンと名前を隠すか、表示させるかを選択できます。

「スクショ」をタップします。

画面で一度に表示できなかった部分も含めて、一枚の画像になりました。

トーク中にある情報は伝えたいけど、やり取りした相手を伏せたい時に活用しよう

今回、ご紹介したスクショの方法は、面倒な編集をせずにLINE(ライン)のアイコンと名前を隠すことができます。

情報は伝えたいけど、共有する相手にトーク中のアイコンや名前を知られたくない場合にとても便利な機能です。

情報は文字に起こすのも手間がかかりますし、スマホ自体のスクショ機能でアイコンや名前を隠す編集をするのも億劫な作業です。

ぜひ、当記事の方法を覚えてスマートに情報共有しましょう。

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事