LINE(ライン)でトークを一括転送(トーク履歴を送信)する方法は?

LINE(ライン)のトーク履歴を一括転送しよう

これから機種変更予定の方、もしくは、友人が機種変更を検討している時などに、トーク履歴を一括転送する方法が役立ちます。

例えば、Android端末からAndroid端末へ機種変更、iPhoneからiPhoneへ機種変更する時は、LINE(ライン)上でトークの引継ぎをそのまま行えますが、iPhoneからAndroid端末へ機種変更、Android端末からiPhoneへ機種変更する時は、トークが消えてしまいます。

また、確実に引継ぎが上手くいくとも限りません。

大切な写真や画像は予め保存をしていても、機種変更の際はトークをあきらめてしまう方も多いと思います。

せめて、文面だけでも確実に残しておきたい方は、当記事が役立ちます。

今回は、トーク中のメッセージをテキストデータで一括転送する方法をご紹介します。

LINE(ライン)でトークの一括転送をすると、テキストデータになる

あくまで、トークの一括転送は引継ぎではありません。

トーク中の日時やメッセージが、文字の羅列で転送されます。

覚えておきたいやり取りや、思い出のメッセージなどを文字として残すことができます。

アルバム、ノート、写真、スタンプなどの主に画像は一括転送できません。

写真を一括で転送したい時はどうするの?

機種変更のデータ引継ぎが目的の場合は、LINE(ライン)で引継ぎの作業を行った際に、アルバムはそのまま移行されます。

写真等を含めたトークも基本的に引き継げますが、確実ではありません。

トーク中に個別に投稿してある写真や画像は、機種変更前にアルバムへ追加しておきましょう。

また、トークの一部などの部分的な失敗ではなく、引継ぎ全体が失敗した時に備えて、端末やクラウド等へ二重、三重のバックアップをおすすめします。

また、機種変更は関係なく、他人へ写真を一括転送したい場合も、やはりアルバムを作成して目的の画像を全てアップロードするのがスマートです。

LINE(ライン)でトークを一括転送(トーク履歴を送信)する方法

一括転送したい「トーク」を開きます。

画面右上の三本線のマークをタップします。

画面右上の歯車のマークをタップします。

「トーク設定」の「トーク履歴を送信」を選択します。

転送に利用するためのアプリが一覧で出てきます。

今回は、Gmailを選択します。

テキストデータが添付されるので、転送先のアドレスを入力して送信します。

テキストデータを開くと、時系列でメッセージの履歴が表示されます。

バックアップ目的でも使える

機種変更で活躍する「一括転送」ですが、日常的なバックアップ目的でも使えます。

特に記録に残しておきたいメッセージのやり取りがあった際は、こまめに行いましょう。

スマートフォンは機械なので突然故障します。

故障するから保険もあるのですが、自己都合でも自然破損でもデータはショップで復元できません。

不意の出来事に備えて、今回ご紹介した「一括転送」もバックアップ方法の一つとして活用しましょう。

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事