LINE(ライン)ストーリーに足跡や見た人わかる、既読や閲覧履歴表示機能はある?

LINEのストーリーに足跡や既読機能はある?

LINEに最近追加されたストーリー機能は、インスタグラムのストーリーによく似た、24時間経過すると消えてしまう投稿をアップすることができる機能です。

LINEのタイムライン内で投稿、閲覧することができます。

24時間経過すると消えることを生かした、リアルタイム性の高い投稿が日々行われています。

当記事では、ストーリーを見たけれど、足跡や既読機能はあるのかどうかを解説します。

LINEのストーリーは見た人がわかる!足跡機能が搭載!

LINEのストーリーには実は、閲覧したユーザーがリストになって表示される、足跡機能が搭載されています。

投稿したLINEストーリーの足跡の見方

①LINEアプリを開き、タイムラインタブを表示させます。

②「+ストーリー」ボタンの右側に並んでいる投稿されているストーリー一覧の中から、自分のアイコンを選んでタップします。

③自分のストーリーが再生され、左下部分に閲覧数といいね数が表示されるので、そのエリアをタップします。

④閲覧したユーザーのアイコンと名前がリストになって表示されます。

⑤いいねのタブを押すと、いいねしたユーザーのアイコンと名前が一覧表示されます。

以上のように、投稿したLINEストーリーは閲覧したユーザーの一覧を足跡として確認することができました。

LINEのストーリーをスクショしても相手には伝わらない

LINEのストーリーには足跡機能が実装されていますが、LINEのストーリーの画面をスクショしても、2020年現在のところ、相手に伝わってしまうような機能は実装されていません。

また、いいねを押した場合は当然ですが、相手から確認することができます。

場合によってはいいねを押した通知が相手のスマホの画面に通知されます。

足跡機能は古くはMixiなどで採用されていましたが、LINEのストーリーにも搭載されています。

人によっては鬱陶しく感じてしまうかもしれません。

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事