LINE(ライン)で捨て垢&裏垢の作り方は?作ることはできる?【2020最新】

LINEで捨て垢や裏垢を作りたい

LINEをやっていて、メインのアカウントとは別に、一定期間だけ使用したい捨て垢をつくりたい。

またはリアルの友達との連絡用メインアカウントとは別に、例えばネット上のやり取りに使う裏垢を作りたい。

といったニーズがあります。

こういった2つめ以降のアカウントを、気軽に作成することができるのかを当記事で解説します。

捨て垢や裏垢を作ることはできるけれど新しい電話番号が必要

LINEのアカウント作成には、2020年8月現在、1つのアカウントにつき1つの電話番号が必要となっています。

以前はFacebookアカウントを持っていればFacebookアカウントの数だけLINEアカウントが開設できたのですが、現在は規制が厳しくなり、FacebookアカウントだけではLINEアカウントを追加で作ることができません。

大抵の場合は、1つめのメインアカウント作成のために、自分の携帯電話番号を使用しているため、自分の携帯電話番号以外の電話番号を新規で用意する必要があります。

注意点として、すでに使われている携帯電話番号を、新しいLINEアカウントの電話番号の登録に使用しようとすると、既存のLINEアカウントのデータが消失してしまい、リセットされてしまいますので、くれぐれも注意ください。

また、家族や他人の電話番号も絶対に使用しないでください。

2つめ以降のLINEアカウント開設に使用できる電話番号は?

自分の携帯電話番号以外の電話番号としては、

  • 自宅の電話番号(家電)
  • 2台目のスマホやタブレット回線の携帯電話番号
  • 新規の携帯電話番号を、格安SIM(LINEモバイル等)で取得する

の3つの方法が考えられます。

自宅の電話番号を使用することも可能ですが、他の家族が誤ってLINEアカウントを作成しようとし、あなたが作成した裏垢・捨て垢がリセットされてしまうことも考えられます。

格安SIM回線を新規契約して電話番号を取得する方法もおすすめ

2台目のスマホやタブレット回線を持っていない方におすすめなのは、格安SIMサービスのLINEモバイルを契約し、電話番号を取得することで、2つめ以降のLINEアカウントを新規作成する方法です。

LINEモバイルは月額600円〜使用することができるためコスパも抜群です。

LINEモバイルについての解説はこちら

LINEモバイルではドコモやau、ソフトバンクで使っていた昔のスマホなどをSIMロック解除することで、LINEモバイル回線をそのスマホで使うことができるので、スマホ端末を新規で購入する必要がある方は限られます。

2つめ以降のLINEアカウントを新規作成するためには、専用の電話番号を用意しなければいけないため、継続的に使用する裏垢的用途であれば違和感は無いですが、一定期間使用するための捨て垢にするのはもったいない気もします。

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事