LINE(ライン)の自分のアイコンの推奨サイズは?画質が悪い場合の原因と対処法は?

LINE(ライン)のアイコン(プロフィール画像)の画質が悪い

LINE(ライン)のアイコン(プロフィール画像)を設定すると画質が落ちてしまう…

そんなときどうしていいか分からず、やむをえず他の画像を使うことにした、という方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、LINE(ライン)のアイコン(プロフィール画像)の画質が落ちてしまう主な原因2つとその対処法をご紹介します。

LINE(ライン)の自分のアイコンの画質が悪い原因は?

LINE(ライン)で自分のアイコン(プロフィール画像)を設定したときに画質が落ちる原因はいくつかありますが、ここでは主に以下の2つをご紹介します。

  1. 元画像サイズが小さい
  2. 拡大しすぎている

1.元画像サイズが小さい

元画像のサイズが小さいとアイコン(プロフィール画像)に設定したときに画質が落ちてしまいます。

LINE(ライン)の公式発表によると、アイコン(プロフィール画像)に使う写真の推奨サイズは640×640以上です。

お手元の画像が640×640のサイズを満たしているか、今一度確認してみてください。

2.拡大しすぎている

「写真のこの部分を映したい!」と思って拡大しすぎてはいませんか?

もとの画像が推奨サイズの640×640を超えておりサイズ的に申し分ないものであっても、拡大しすぎると画像の低下につながる場合があります。

画像を拡大する場合、白い枠線の範囲が640×640を超えるように気を付けましょう。

Androidで画像が推奨サイズを満たしているか確かめる方法

LINE(ライン)で自分のアイコン(プロフィール画像)として使用したい画像が推奨サイズ640×640を満たしているか確認する方法をご紹介します。

まずAndroidに搭載されている「ギャラリー」をタップします。

使いたい画像を選んで開きましょう。

右上にある情報マーク「i」をタップします。

ピンクのアンダーラインに表示されているのが画像サイズとなります。(この場合1080×2280ですね。)

ちなみにLINE(ライン)のアイコン(プロフィール画像)は正方形の切り抜きとなりますが、その場合、一辺の大きさは元画像の短辺の大きさになります。

つまり先ほどの卵の画像をアイコン(プロフィール画像)として設定すると、1080×1080の正方形に切り抜かれるということです。

結局、画質を上げるには元画像のサイズを大きくするしかない

IINE(ライン)のアイコン(プロフィール画像)の画質が悪くなってしまう…これを改善するには元画像のサイズを大きくするしかありません。

大きくした画像を自分のアイコン画像に設定する際は、ぜひ今回ご紹介した画像サイズの確認方法を役立ててくださいね。

画像引用元&出典:LINE

Search

検索で探す

New Article

LINEの使い方の新着記事