LINE(ライン)の退出しましたの意味とは?なぜ?ブロックや嫌われた?個人トークの場合は?

LINE(ライン)の「○○が退出しました」の意味とは?

LINEのトークで「○○が退出しました」という表示を見かけることはありませんか?

このような「退出」の表示を見ると、“え、嫌われたのかな?” “ブロックされたのかな…”と心配になる方もいるのではないでしょうか。

今回はLINEのトークの「退出しました」という表示がどういう意味なのか、「退会」との違いにも触れながら解説していきます。

複数人でのトークルームの場合と、1対1の個人でのトークルームの場合で意味が異なるので、それぞれのパターンに分けて解説します。

複数人トークの退出の場合

複数人のトークルームで「○○が退出しました」と表示されていた場合、2つの意味が考えられます。

①トークルームで「トーク退出」ボタンを押した

複数人のトークでは「トーク退出」というボタンがあります。そこを押すと、すべてのトーク履歴や共有された写真などが削除され、そのトークルームを見ることができなくなります。

複数人のトークルームにいたメンバーには、トーク画面に「○○が退出した」と表示されるため、トーク画面を見ればその人が退出したということに気づきます。

(※ただし、「○○が退出しました」という通知がいくことはありません。そのため、トークルーム画面を見たときに退出したことに気づくことになります。)

【トーク退出のしかた】

1.トークルームに入り、右上の三本線をタップします

2.画面一番下にある「その他」をタップします

3.「トーク退出」をタップします

ほとんどの人が、そのメンバーでの複数人のトークが必要でなくなったときに、トークから「退出」をします。決してブロックされたわけではないので、安心してください!

②トークを削除した

トークを削除した場合も、グループメンバーのトーク画面には「○○が退出しました」と表示されます。

トークの削除方法は、

・トークの一覧が並んでいる画面で、トークを左にスライドし、赤い削除ボタンから削除する方法
・トークの一覧画面の上にあるチェックマークをタップし、トーク編集画面から削除する方法

の2パターンあります。

トークを削除すると、トークのデータがすべて削除されるので、トーク内容を一切見ることができなくなります。

(※トークルームの中に「トーク履歴をすべて削除」というボタンがあります。これは、自分の画面からはトーク内容が消えるだけで、相手には「退出しました」と表示されることはありません。)

個人トークでの「退出」の場合

個人の1対1のトークルームで「○○が退出しました」と表示されている場合、トークの相手がLINEのアカウントを削除した、という意味になります。アカウント自体を削除すると、これまで所有していたアカウントでLINEの使用ができなくなります。

そのため、個人のトークルームで「退出しました」という表示がされることは、かなり珍しいケースだと考えられます。

また、個人のトークを削除しても、「退出しました」と表示されることはありません。

このように、上で説明した複数人のトークルームの退出と、個人のトークルームの退出の意味は異なるので気を付けてください。

「退会」と「退出」の違いは?

退出と似た表示に「退会」があります。

「退会」はトークルームではなく、“グループ”から抜けたという意味です。作成されたグループから抜けたいときに「退会」ボタンを押すと、退会することができます。

また、グループのトークを削除したとしても、自分の画面からは削除されますが、他のメンバーのトーク画面からは削除されません。そのため、相手の画面に「退会しました」と表示されることはありません。

「退出」は嫌われたわけでも、ブロックされたわけけもない!

「○○が退出しました」の表記は、ブロックされたわけではありません。

ただ不必要になったトークルームを消したり、多くなったトーク履歴を整理するために削除した際に「退出しました」と表示されます。

決して嫌われたではないので、安心してくださいね!

お役立ちリンク

画像引用元&出典:LINE