iPhoneのマップで位置情報・場所を共有する方法はある?LINEやメールで送るには?

iPhoneのマップで位置情報を共有する

iPhoneのマップを利用している時に、場所の共有を行いたい機会があると思います。

iPhone同士であればAirDropが便利ですが、今回は双方の機種に関係なく共有できるスタンダードな方法を2つご紹介します。

また、場所を画面に表示するだけではなく、マップの位置情報自体を共有するので相手も経路検索などを簡単にできます。

リンクとvcfファイル

今回は、共有する時に「リンク」と「vcfファイル」を使います。

リンクをタップすると自動的にマップが開き目的の場所が表示されます。

相手がiPhoneの場合はiPhoneのマップ、相手がAndroidの場合はGoogleマップで開きます。

vcfファイルは連絡先を共有する時の標準ファイルのことです。

マップのURLや住所がアドレス帳のように共有されます。

LINEで位置情報を共有する手順

マップで共有したい場所を検索します。

今回は、例として「東京タワー」を検索します。

画面の下に表示された場所の情報を上にスライドさせます。

「共有」をタップします。

「LINE」をタップします。

位置情報を伝えたい相手を選択して共有をタップします。

相手には位置情報のリンクとvcfファイルが共有されます。

メールで位置情報を共有する手順

マップで共有したい場所を検索します。

今回は、例として「東京タワー」を検索します。

画面の下に表示された場所の情報を上にスライドさせます。

「共有」をタップします。

「メール」をタップします。

自動的にリンクとvcfファイルが添付されるので、宛先を入力し送信します。

位置情報の共有は相手にわかりやすい方法を選ぶ

位置情報を伝えたい時に、共有する方法は色々があります。

相手が共有された時に位置情報を利用しやすい方法を選びましょう。

例えば、AirDropは双方の機種がiPhoneである必要がありますし、LINEは双方がアプリをインストールしている必要があります。

メールで共有しても相手が迷惑メールの設定等を行っていると届かない場合があります。

また、アプリによっては共有する相手が操作に慣れていない場合もあります。

iPhoneのマップを便利に共有してコミュニケーションしよう

今回は、一般的に操作を行いやすい「メール」と日本で特にポピュラーなメッセージアプリ「LINE」でマップの位置情報を共有する方法をお伝えしました。

この2つを覚えておくと位置情報の共有の機会がある時に便利なので、ぜひお役立て下さい。

画像引用元&出典:Apple

Search

検索で探す

New Article

iPhoneのマップの使い方の新着記事