インスタ(Instagram)のストーリーでメンション(タグ付け)が押せない。プロフィールへ移動しない原因は?

インスタ(Instagram)のストーリーはメンション(タグ付け)できる

インスタ(Instagram)には、通常の投稿やストーリーに他人のアカウントをメンション(タグ付け)できる機能があります。

投稿を見て興味を持った人が、メンションからその人のプロフィールに飛べるという仕組みです。

この機能を使えばフォロワー以外の人からもアカウントを見てもらえる可能性が高まるため、大勢の人とコミュニケーションを取りたい人にとって便利な機能です。

インスタ(Instagram)のストーリーでメンションできない&押せない

しかし、ストーリーに対して相手をメンションできない場合があります。

メンションできないというのは、ストーリーの「@アカウント」の部分を押しても相手のプロフィールに移動しないという状況です。

この記事では、インスタ(Instagram)のストーリーでメンション(タグ付け)が押せない、プロフィールに移動しない原因は何か?解説していきます。

インスタ(Instagram)のストーリーでメンション(タグ付け)が押せない&プロフィールへ移動しない状況とは?

インスタ(Instagram)のストーリーでメンション(タグ付け)が押せない状況とはどのようなものか詳しく説明します。

ストーリー編集画面の右上の「Aa」をタップして、テキスト編集画面を表示します。

タグ付けするためには、「@アカウント名」の形で入力して表示されたアカウントアイコンをタップします。

しかし、メンションを許可していない人は、画像のようにアイコンがグレーで表示されています。

アイコンをタップすると、「メンションできません」と表示されました。

テキスト入力を完了しても、メンションが有効であることを表す下線は表示されませんでした。

この状態でストーリーを投稿してメンションをタップしても、相手のプロフィールに移動することはできません。

インスタ(Instagram)のストーリーでメンション(タグ付け)が押せない原因は?

インスタ(Instagram)のストーリーでメンション(タグ付け)ができない原因は、以下の3つが考えられます。

  • 相手がメンションを許可していない
  • 相手にブロックされている
  • 相手のアカウントが存在しない

順番に解説していきます。

相手がメンションを許可していない

相手がメンションを許可していない可能性があります。

メンションの許可については、設定画面から変更できます。

変更するためには、まずアカウントのページの右上の3本線マークをタップします。

画面下部からメニューが表示されました。

「設定」をタップします。

「プライバシー設定」をタップします。

「メンション」をタップします。

この設定画面から、メンションを許可する人を変更できます。

メンション(タグ付け)を許可する範囲を、

  • 全員
  • フォローしている人
  • 誰にも許可しない

の中から選ぶことができます。

「誰にも許可しない」を選択した場合、フォロワーであってもメンションすることはできません。

相手にブロックされている

相手にブロックされている場合も、メンション(タグ付け)することはできません。

先ほどと同じように「@アカウント名」の形で入力することはできますが、タップしても相手のプロフィールに飛ぶことはできません。

相手のアカウントが存在しない

相手のアカウントが削除されていたり存在しない場合も、メンション(タグ付け)することはできません。

こちらもブロックされている時と同様、「@アカウント名」は入力できますが、メンションしたことにはなりません。

ストーリーでメンションがうまくいかない場合は、相手のアカウントが存在するか検索して確認してください。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事