インスタでストーリーズを表示しない人に入れるとバレる?相手にわかる?【Instagram】

インスタで「ストーリーズを表示しない人」に入れるとどうなる?

インスタでは、特定のアカウントを「自分の上げたストーリーを表示しない人」として設定することができます。

この設定をすることで、自分の上げたストーリーが、相手の画面には表示されなくなります。

設定方法は簡単で、自分のストーリーを表示させたくないアカウントのプロフィール画面を表示し、右上の「…」をタップします。その後「この人にストーリーズを表示しない」を選択してください。

ではこのように、“ストーリーズを表示しない人”として設定した場合、相手にバレてしまうことはあるのでしょうか。

この記事では、ストーリーズを表示しない人として設定した場合、そのことが相手にバレる・分かることはあるのかを解説していきます。

ストーリーズを表示しない人として設定すると相手にバレる?

結論から言うと、ストーリーズを表示しない人として設定をしたことが、相手にバレる可能性はゼロではありません

もちろん、インスタのアカウントを通してバレてしまうことは一切ありません。

しかし、それ以外のことが原因となり「自分だけがこの人のストーリーを見ることができない」「表示しない人として設定されているかも」と相手にバレてしまうことがあります。

では、どんなときにバレてしまうのでしょうか。

バレる事例①:共通の友達を通してバレる

ストーリーズを表示しない人として設定した場合、その相手と共通の友達が多いと、他の人を通してバレてしまう可能性があります。

例えば、友達で対面で会ったときに自分の載せたストーリーが話題になり、相手が「自分だけがそのストーリーを見ることができない…」と気づいてしまうこともあります。

また、対面でなくても、友達が自分のストーリーをインスタでシェアしたり、ストーリーのスクショを友達が別のSNSに載せてしまったりすることが、相手にバレてしまう原因になることもあります。

このように、自分が要因ではなくて、他の人を通じてバレてしまう可能性があります。

バレる事例②:別のアカウントから見られてバレる

相手が複数のアカウントを持っていた場合、ストーリーズを表示しない人として設定したアカウントとは別のアカウントから、自分の投稿やプロフィールを見ることができます。

その際、“一方のアカウントではストーリーが見れたのに対し、もう1つのアカウントでは見れない”ということに気付き、表示しない人の設定をしていることがバレてしまう可能性があります。

このように別のアカウントを通してバレてしまうことを防ぐためには、アカウントを鍵垢に設定をしておくことが有効です。

「ストーリーズを表示しない人」に設定をするときは注意が必要

以上説明した通り、自分が要因で相手にバレることはありませんが、他のことが原因でストーリーズを表示しない人の設定がバレてしまう場合があります。

これらが原因でバレてしまうことは、どうにも防ぎようがありません。

そのため、これらが原因で相手にバレてしまう可能性を踏まえながら、ストーリーズを表示しない人の設定をするようにしてください。

お役立ちリンク