インスタの親しい友達リストの意味とは?相手にバレる?通知でわかる?【Instagram】

インスタ(Instagram)の親しい友達リストの意味とは?

インスタ(Instagram)には、親しい友達リストという機能が備わっています。

ストーリー投稿するときに、親しい友達リストに追加している人だけが閲覧できるように制限をかけることができます。

親しい友達リストを作成したら、ストーリー投稿画面で「親しい友達のみ」を選択してシェアします。

「親しい友達」を選択してシェアしたストーリーは、画像のようにアカウントアイコンのリングが緑色で表示されます。

また、投稿したストーリーの右上に「親しい友達」と表示されます。

全体公開するのはためらうようなものでも気軽に投稿できるのが、親しい友人リストの魅力です。

しかし、親しい友達リストに追加したことが相手にバレるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、インスタ(Instagram)の親しい友達リストに入れると相手にバレる?通知でわかるのか?について解説していきます。

インスタ(Instagram)の親しい友達リストに入れると相手にバレる?通知でわかる?

インスタ(Instagram)の親しい友達リストに相手を追加しても、その時点で相手に通知がいくことはありません。

実際に親しい友達リストを作成して確認していきます。

プロフィール画面の右上の3本線マークをタップします。

 

画面下部からメニューが表示されました。

「親しい友達」をタップします。

「スタート」をタップします。

親しい友達リストに追加したいアカウントのユーザー名を検索バーに入力します。

アカウントが表示されますので、「追加」のボタンをタップします。

「完了」ボタンをタップします。

親しい友達リストに追加したい人を選択し終わったら、「リストを作成」をタップします。

これで親しい友達リストの作成が完了しました。

親しい友達リストに追加されたアカウントに、通知は届きませんでした。

親しい友達限定のストーリーを投稿すれば相手をリストに追加したことがわかりますが、リストに追加した時点でバレることはありません。

また、親しい友達リストから削除した場合も、相手に通知が届くことはありません。

インスタ(Instagram)の親しい友達リストの注意点

インスタ(Instagram)の親しい友達リストは、閲覧できる相手を自分で決めることができるのでとても便利な機能です。

しかし、親しい友達リストに追加していないことがバレると、気まずい思いをすることになる可能性もあります。

親しい友人リストにシェアしたストーリーが表示されている状態で、リストに追加していない相手に画面を見られないように注意してください。

親しい友人リスト自体は他人が閲覧することは不可能ですので、安心してください。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事