インスタグラム(Instagram)の投稿で後からタグ付けすると相手に通知される?

インスタグラム(Instagram)のタグ付け機能

インスタグラム(Instagram)では、自分の投稿した動画や写真にアカウントをタグ付けすることができます。

タグ付け機能を使うことで、投稿された写真や動画に、誰と行ったのか、どこに行ったのか等を示すことができます。

通常、タグ付けは投稿する時に行うことが多いですが、投稿後にもタグ付けを追加することができます。

では、投稿後にアカウントをタグ付けした場合、相手に通知はいくのでしょうか。この記事では、タグ付けの通知に関することを詳しくご説明します。

インスタグラムの投稿で後からタグ付けすると通知される?

投稿後にタグ付けしても相手に通知がいく

投稿時にタグ付けした場合だけでなく、投稿した後の編集でアカウントをタグ付けした場合でも相手に通知がいきます。

相手には、投稿にタグ付けされるとすぐに以下のような通知が届くようになっています。

タグ付けは、自分がフォローしていないアカウントにも行うことができます。自分がフォローしていないアカウントをタグ付けした場合でも、同様の通知が相手に届くので、注意してください。

投稿に後からタグ付けする方法

では、投稿した後にタグ付けを追加する方法をご説明します。

まず、タグ付けしたい投稿の右上の「…」をタップします。

「編集」をタップします。

「タグ付け」をタップします。

投稿した写真の中で、タグ付けしたい場所をタップします。

タグ付けしたいアカウント名を検索し、アカウントを選択します。

タグ付けができたら、「完了」をタップします。これでタグ付けが完了しました。

上で説明した通り、「完了」を押した時点ですぐに相手には通知がいきます。

間違えてタグ付けをしてしまった場合は、「編集」ですぐにタグ付けを削除すれば、相手に届いた通知を消すことができます。

例外:タグ付けしても相手に通知がいかない場合

タグ付けしても相手に通知がいかない場合もあります。

それは、自分が非公開アカウント(鍵垢)で、自分のフォロワーではないアカウントをタグ付けした場合です。非公開アカウントである自分の投稿をタグ付けされた相手は見ることができないので、相手にタグ付けの通知がいくことはありません。

また、この場合、自分が一方的に相手をタグ付けしただけなので、相手のプロフィールにあるタグ付け一覧にこの投稿が表示されることはありません。

お役立ちリンク

Search

検索で探す

New Article

インスタの使い方の新着記事