Google検索でAMP Viewerを無効にする方法は?AMPはうざい&いらない?

Google AMP Viewerとは?

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略称です。

スマホなどのモバイル端末からアクセスした時に、ページの表示を高速化する技術でGoogleも推奨しています。

Google検索を行った時に雷のようなマークを見たことはありませんか?これがAMP対応のページで、アクセスすると非常に早くページが表示されます。

AMPはうざい&いらない?

AMP対応ページで閲覧する際に表示が早くなることはメリットです。

しかし、AMPにはこんなにうざいならいらない!と思ってしまうデメリットもあります。

①元々のページデザインではなくなる

まず、ページの操作性が落ちるので人によってはうざいなと感じるかもしれません。

そのサイトで元々表示されるはずのデザインではなくなるため、レイアウトが変わったりメニューボタンなどが非表示になる場合があります。

②ページが真っ白になってしまう

これはサイト側の問題なのですが、AMP対応のサイトにしようとすると複雑な構築になるため、不具合が起きる場合があります。

この不具合によって閲覧中にスクロールをしているとページが真っ白になってしまうことがあります。

これでは、高速化どころか閲覧において本末転倒なのでAMPはいらないと思ってしまいます。

【元々のページ】

サイト内の検索窓やメニューボタンが表示されています。LIVE情報も見られます。

出典:NHK

【AMP対応ページ】

サイト内の検索窓やメニューボタンが非表示になり、LIVE情報も消えました。

出典:NHK

【AMP対応ページ】

AMP対応ページをスクロールしたり開く時に、下記の画像のような状態になることがあります。

Google検索でAMP Viewerを無効にする方法は?

現在のところ、始めからAMPを無効化するというスマホの設定はないようです。

代わりにiPhoneユーザーは、AMP対応ページを開いた上で元々のサイトを表示させる方法があります。

  1. AMPを無効にしたいページを開く
  2. 画面左上の丸の中にiと書かれている部分をクリック
  3. 表示されたURL(AMPの詳細と書かれた部分ではなく、サイトURLの部分)をクリック

出典:NHK

Google AMP Viewerの向き、不向き

Google AMP Viewerの高速化にはコンテンツの向き、不向きがあります。

【向いているコンテンツ】

  • ニュース
  • 料理のレシピ
  • 製品ページ
  • レビュー
  • ブログ…等

ページが表示されたときに、その時の情報で確定しているものはAMPに向いているので見やすくなります。

【不向きのコンテンツ】

  • マップの経路案内
  • メール
  • SNS…等

リアルタイムで情報が変わっていくコンテンツはAMPに不向きのコンテンツです。

まだ歴史が浅いGoogle AMP Viewer

高速化で快適なブラウジングができるGoogle AMP Viewerですが、ページを見づらく感じる時は元々のサイトURLで閲覧しなおしましょう。

日本では2016年に始まったばかりで歴史が浅いので、今後普及が進むに連れて改善していくかもしれません。

画像引用元&出典:Google

Search

検索で探す

New Article

Google検索の使い方の新着記事